写真・映像・音楽

サラリーマンYouTuberは成功する?稼げる人に共通する特徴

近年、副業としてYouTubeを始める人は増加傾向にあります。

「YouTubeで稼げるのは一部の人だけ」「特別なスキルがないと稼げない」など、YouTubeで稼ぐのは夢のまた夢と思っているのではないでしょうか。

結論から言えば、YouTuberには特別なスキルや資格は必要ありません。

とは言っても、誰でも簡単に収益化できるわけではなく、サラリーマンYouTuberとして稼いでいる人にはある共通した特徴を持っています。

そこで今回は、YouTuberとして稼ぐために身につけたい能力を紹介します。

サラリーマンYouTuberは成功する?稼げる人に共通する特徴

副業YouTuberになる3つのメリット

サラリーマンとして働きながらも動画制作をする副業YouTuberの存在は珍しくなくなってきましたが、仕事との両立は簡単ではありません。


しかし、副業YouTuberには以下のメリットが挙げられます。


1. 自分の趣味やスキルを活かして稼げる


2.初期費用ゼロでも始められる


3.動画の制作スキルが身につく


それぞれのメリットについて、詳しく解説します。


 

副業YouTuberになる3つのメリット

自分の趣味やスキルを活かして稼げる

副業と言えば、プログラミングやライターといった在宅でできる仕事が増えつつありますが、これらの職種は最低限の知識やスキルが求められます。


しかし、YouTuberなら自分が得意な分野の動画を投稿するだけ。


撮影や制作といった作業に時間はかかってしまうものの、収益化することで他の副業では稼げないほどの収入を得られることもあります。


YouTubeで広告収入を得る条件は以下の5つです。


1.収益化ポリシーの遵守(不適切なコンテンツではないか)


2.youtubeパートナープログラムが利用可能な場所に居住


3. 動画の総再生時間が、直近12ヶ月間で4,000時間以上


4.チャンネル登録者数が1,000人以上いる


5.AdSenseアカウントを持っている


※18歳以上の方、または支払いの対応ができる18 歳以上の法的保護者がいる方)


チャンネル登録者数や再生回数、動画の質など一定の条件を満たすことで、自分の趣味やスキルを活かして稼げるのは副業YouTuberのメリットです。


 

初期費用ゼロでも始められる

YouTubeを副業にする人が増えている理由はさまざまですが、投資など他の副業と比べて初期費用ゼロでも始められるからという人もいるでしょう。


動画を撮影できるスマホと、編集ソフトがあればYouTubeに動画を投稿可能です。


プロのクリエイターが使用するカメラや三脚、ライトなどの機材、有料の編集ソフトをそろえなくても、質の高い動画を制作することはできます。


また行動力を問わず、すぐにでも開始できるところもYouTubeのメリットです。

動画の制作スキルが身につく

副業を始めたいと考えている人のなかには「将来に不安がある」「いまの仕事で良いのか」と、転職などを視野に入れているのではないでしょうか。


しかし、新たなことに挑戦するにも一定のスキルや経験は必要です。


副業YouTuberとして動画を制作するようになれば、撮影や制作などのスキルを身につけることができ、新たな道を切り拓くきっかけになるかもしれません。


YouTubeでは期待どおりの収益につながらなかったとしても、その経験は将来的に役に立つこともあるため、長期的な視点を持って始めてみてください。


 

YouTubeで稼げる人に共通する3つの特徴

副業YouTuberに興味はあっても、「稼げるのは一部の才能がある人だけ」など卑屈になって、せっかくの機会を逃している人もいるかもしれません。


冒頭でもお伝えしたように、YouTuberに特別なスキルや資格は不要です。


YouTuberとして収益を出している人は偶然ではなく、ほとんどすべての人に共通する特徴を持っており、それらが稼げている理由のひとつです。


副業YouTuberとして向いている人の3つの性格を紹介します。


 

YouTubeで稼げる人に共通する3つの特徴

継続力がある

自分の好きなときに動画を投稿すれば簡単に稼げると思われがちですが、元から知名度の高い有名人などを除き、成果が出るまでには時間がかかります。


YouTubeとして収益化するまでに、最低でも半年の継続が必要です。


1本目の動画は再生回数期待どおりに伸びず、どれだけ頑張っても成果が出ないため、モチベーションが下がって諦めてしまう人も少なくありません。


しかし、有名クリエイターも最初は収益化できなかった人がほとんどです。


それでも稼げるようになったのは、継続力があったからです。

学ぶ姿勢を持っている

副業YouTuberとして稼ぐには、「視聴者は何を求めているのか」「どのような内容がバズるのか」など、常に知識を学ぶ姿勢を持ち続けています。


YouTuberに大事なのは、知識や情報に対して貪欲になることです。


「世間では何が注目されているのか」「ターゲットとなる年齢層は何を知りたいのか」など、視聴者の目線に立ちながら情報を収集していきましょう。


 

すぐに行動できる人

新しい知識や情報を手に入れてもそれを活用して行動できなければ、他の人よりも一歩遅れてしまい、YouTubeでの収益化は難しくなるでしょう。


知識や情報を最大限に発揮できるのは行動力です。


たとえ面白いアイデアや企画が思い浮かんだとしても、それを動画に反映できなければ意味がなく、自分の頭の中だけに封印されてしまいます。


情報を収集したら、動画制作などすぐに行動に移すことが大切です。


 

副業YouTuberに向いていない人の特徴2つ

動画の撮影や編集ができる環境さえあれば、副業YouTubeには特別なスキルや資格は不要で、行動力があれば誰でも簡単に始めることができます。


しかし、すべての人にYouTuberが向いているわけではありません。


どれだけ人を楽しませることが好きでもYouTuberとしての適性がなければ継続することは難しく、他の副業を始めることをおすすめします。


副業YouTuberに向いていない人の特徴を2つ紹介します。


 

副業YouTuberに向いていない人の特徴2つ

地道な作業が苦手

人気YouTuberの活躍を見ていると楽しく仕事をしている印象があるかもしれませんが、楽しい動画の裏側は地道な作業をしていることがほとんどです。


たとえば、5分程度の動画でも編集に10時間近くかかることもあります。


もちろん時間をかけずに編集することもできますが、視聴者が楽しいと思える動画を制作し続けなければ、すぐに再生回数が減ってしまいます。


また、動画だけでなくサムネイルなど画像の編集やSNSの更新など、この作業が365日あるため、地道な作業が苦手という人はすぐに音を上げてしまうでしょう。


 

考えることが得意ではない

一部の才覚があるクリエイターを除いて、ただ好きに動画を撮影していれば勝手にバズることはほとんどなく、再生回数を増やす工夫が必要です。


たとえば、他の話題になっているYouTuberの動画をみて研究したり、視聴者が何を求めているのかを考えたりする探究心は欠かせません。


YouTuberは「頭を使って考えること」が求められる仕事です。


動画の撮影や編集スキルばかりに目が行きがちですが、収益化できている人気YouTuberのほとんどが常に向上心を持ち続けて仕事に取り組んでいます。


 

まとめ

サラリーマンの副業選択として人気のYouTuberですが、特別なスキルや資格は不要で、稼げる人のほとんどは共通する特徴があります。


これらをすべて網羅すれば必ずしも人気クリエイターの仲間入りをするわけではありませんが、YouTuberとして成功するひとつの指標にはなるでしょう。


まずは、動画を制作して投稿することから始めてみてください。


 

Written by vesa tawast
興味のあることはとことん調べ尽くすゆとりライター。ジャンルにこだわらず、お堅いビジネスから美容系まで多方面のコンテンツで執筆中。

PICK UP NEWS