写真・映像・音楽

映像制作を副業にして稼ぐ方法

これまでは、十分な技術や高性能な機械がなければ映像制作は行えませんでした。

しかし、近年はパソコンの精度があがり、特別なスキルを持っていない人でも映像制作を行えます。
なかには、映像制作に関する技術を学んでいない人が独学で技術を身に付け、プロと同等の知識や技術を持っている人もいるほどです。

そこで、副業としても人気を集めている映像制作や編集を副業にする方法を紹介します。

映像制作を副業にして稼ぐ方法

映像制作を副業にするのは難しいのか

映像制作は、ドラマ、映画、CMといった映像の撮影や編集を行う作業であるとイメージする人も多いのではないでしょうか。多くの人員や最新の機材を用意しなければならないといったイメージもあるでしょう。


そのため、一般的には映像の制作は副業として行えるものではないと考えるケースが多いです。


しかし、実際には映像制作の副業を行っている人は多く、どのような副業をするのかによって異なるものの、基本的にはハードルが高い副業ではないといえます。

映像制作を副業にするのは難しいのか

映像制作を受注する

映像制作で収入を得るための定番の仕事方法が、映像制作を受注する方法です。


比較的大きな規模の制作会社や広告代理店から仕事を請け負ったり、映像を使う個人や企業と直接契約を結んで映像制作を行います。 一般的には、映像制作を本業にしている人と同等の技術や機材が必要です。


しかし、発注する人ごとに、依頼する内容やどの程度の完成度を求めるのかには差があるため、自分が作れるレベルの依頼を請け負えば請負ましょう。

映像制作を受注する

映像の素材を販売する

映像の素材を販売する方法は、インターネットサイトや映像作品の素材になる短時間の映像を作って販売する方法です。


例えば、カウントダウンの映像や木が揺れているだけの映像は、企業の動画やイベントの動画に使用されます。


販売するために、映像の素材を登録できる専門のサイトや素材を配布できるサイトに登録します。


映像制作を受注するよりも収入は得にくいことがデメリットですが、自分のペースで続けやすいことが魅力です。

映像の素材を販売する

イベントやパーティーで撮影と編集をする

発注者のイベントに同行して撮影をして映像を編集し、作品を提供する仕事です。


披露宴や結婚式の他、セミナーやイベントで仕事をします。 現場で映像を撮影するため、ビデオといった機材は用意しなければなりません。


また、映像を取り直しできないため、一定のスキルや経験も必要です。


ほかの映像制作と比較すると、求められる完成度も高い傾向にあります。

イベントやパーティーで撮影と編集をする

動画を投稿して広告収入を得る

YouTubeを代表とする動画を投稿できるサイトに、自分の映像をアップロードし、クリック数や再生回数に応じて広告収入を得る方法です。


収益を得るためのポイントは、どれだけ再生回数を稼ぐかということであるため、映像制作の技術や映像そのものの完成度ではなく、面白い企画を考えたり素材を見極めたりすることが重要視されます。


映像制作の技術が高くない初心者であっても、始めやすい副業方法だといえるでしょう。

動画を投稿して広告収入を得る

副業で映像制作の仕事を得るための3つの方法

映像制作は、副業に適している仕事の1つです。そこで、実際に副業で映像制作をするために、仕事を得る方法を紹介します。

インターネットで仕事を検索する

映像制作や映像の編集を依頼している企業や個人は、クリエイター募集サイトやクラウドサービスで仕事を発注しているケースが多いです。


インターネットやクラウドソーシングで募集している映像制作の仕事は、基本的に在宅で作業でき、打ち合わせをしたり面接をしたりする必要はないので、完成度が高く納期を厳守できれば問題はありません。


報酬額や納期、自分の技術に適した案件を選択できるクラウドサービスを利用すれば、運営会社が間に入るので、報酬未払いといった問題が起こらないことがメリットです。


さらに、同じ活動をしている人同士が、SNSで映像制作を請け負う人を募集しているケースもあります。


仕事を探すのは簡単な作業ではなく、十分高い高額な報酬を得られるケースは少ないですが、技術力が求められないため実績や経験を積むには最適でしょう。


関連記事▶︎【実証済み】初心者がクラウドソーシングで稼げる案件を獲得する方法章

インターネットで仕事を検索する

自分のホームページを作る

自分のホームページを作って、これまでの実績や請け負える業務の内容を公開し、仕事を受注する方法もあります。映像制作の業務は、文章で実績を公開するだけではどの程度のスキルを持っており、どのようなレベルの映像を作れるのか分かりにくいものです。


そのため、ホームページには実際に制作した映像を掲載する必要があります。


実際に作成した映像を閲覧してもらうことによって、どのような映像を作れるのかある程度分かるので、映像クリエイターを探している人も仕事を依頼しやすいでしょう。 さらに、使いこなせるソフトについても記載しておくことがポイントです。


ただし、知名度が低いクリエイターの場合は、依頼をしてもらえないことも珍しくありません。そのため、名刺にホームページのアドレスを載せたり、クラウドソーシングに登録した際にホームページをリンクしたりするなど、ホームページへのアクセス数を増やすことから始めましょう。

自分のホームページを作る

知人からクライアントを紹介してもらう

知人や友人が映像制作のクリエイターを探していたり、映像制作クリエイターを探している人とつながっていたりするケースがあります。


そのため、友人や知人にも、自分が映像制作に携わっていることや知識やスキルがあることを伝え、クライアントを紹介してもらう方法も有効です。


人脈を広げることが仕事の受注や、さらに次の仕事の受注につながるケースもあり、リピーターを増やせる可能性があります。

知人からクライアントを紹介してもらう

映像制作で得られる副業の報酬とは

クラウドサービスで映像制作の副業をした場合、1日で作業できる仕事であれば1つの案件でおよそ5,000円~1万円、作業日数が数日かかる案件はおよそ1万~3万円以上稼げるケースもあるでしょう。


また、大きな規模の企業から依頼され、製作期間が1か月程度のものや高い完成度を求められるものは、1つの案件で数十万~高いものでは数百万円以上を稼げる場合もあります。


しかし、製作期間が長くなると、本業に差し支える場合があるので注意しましょう。

映像制作で得られる副業の報酬とは

映像制作の仕事は副業でもできる

映像制作の仕事は、勤務地や勤務時間に縛られず、自宅で自宅に映像を制作するための機材が揃っていれば在宅やフリーランス、副業で働くことが可能です。


インターネットを利用して仕事を検索することで、副業に最適な業務委託の仕事も探せます。


本業に支障が出ない程度に出ないよう、上手に案件を選択できれば、ライフスタイルを変えることなく副業で稼げるでしょう。

映像制作の仕事は副業でもできる

Written by ゆうき
記事作成・編集・校正を請け負うフリーライター。生物全般が大好きで、これまで飼育した動物の数は10匹以上。趣味はスキューバダイビング。

PICK UP NEWS