写真・映像・音楽

映像を副業にして稼ぐ方法

一昔前は高度な技術と高価な機材が必要とされた映像制作。近年ではパソコンの進歩と普及で一般の人にも身近になりました。中には素人ながらプロに匹敵するノウハウを持っている人もいます。今回はそんな人気ジャンル、映像制作や編集を使ってできる副業を紹介します。

映像を副業にして稼ぐ方法

映像関連の副業はハードルが高い?

映像制作と聞くと、映画やドラマ、CMなどの撮影・編集を思い浮かべるかもしれません。たくさんのスタッフや大掛かりな機材(そして多くの資金)を必要とするイメージもあります。このため多くの人は、映像を副業にするのは難しいと感じているようです。ですが実際には、映像関連の副業をしている人は大勢います。副業の種類にもよりますが、難易度も実はそれほど高くありません。

映像関連の副業はハードルが高い?

映像制作を請け負う

映像でお金を稼ぐ、もっともポピュラーな方法が映像制作の請け負いです。大手や中規模の制作会社、広告代理店から下請けの仕事を受注したり、映像を必要とする企業や個人から直接製作依頼を受けて映像制作をする仕事です。基本的には映像制作が本業の人とやることが変わらないため、相当のスキルと機材が必要ですといってもクライアントや依頼の内容によって難易度や要求レベルはまちまちなので、自分の身の丈に合った依頼を選べば問題はないでしょう。

映像制作を請け負う

映像素材販売

映像素材販売は、映像作品やWEBサイトの素材となる短い映像を制作・販売するものです。たとえば「雲が流れ続ける風景」「CGのカウントダウンアニメーション」などは企業のイメージ動画やパーティー動画などに重宝されています。販売手段としては、映像素材を扱うストックフォトサイトや映像専門の素材配布サイトを利用する方法が一般的です。映像制作の請け負いより収益を挙げにくいのが難点ですが、自分のスキルに合ったペースでコツコツ続けられるというメリットもあります。

映像素材販売

イベント撮影・編集

イベント撮影・編集というのは、クライアントのイベントに同行してビデオ撮影をおこない、編集して映像作品を作ることです。結婚式や披露宴をはじめ、運動会や各種スポーツイベント、セミナーなどが代表的でしょう。映像素材をその場で収録する必要があるため、ビデオなどの撮影機材が必須です。基本的に映像の撮り直しできないため、ある程度の撮影技術と経験も不可欠です。比較的ハードルの高い分野と言えるでしょう。

イベント撮影・編集

動画投稿サイトからの広告収入

これは、YouTubeをはじめとする動画投稿サイトに自作の映像を投稿して、再生回数やクリック数に応じた広告収入を得るものです。収益の要となるのは「どれだけ注目を集めるか」であるため、映像制作スキルや映像自体のクオリティより、企画力や映像の素材選びが重視されます。その意味で、高度な映像制作スキルを持たない初心者にも取り組みやすい分野と言えるでしょう。

動画投稿サイトからの広告収入

Written by 中村
IT専門学校講師、ツアー添乗員などを経て、フリーランスのライター&行政書士として独立。
得意ジャンルはIT・観光・ビジネス・法律などで、特にインターネットサービスの活用やWEBマーケティングが得意分野です。
カメラ片手の現地取材や電話取材も行っています。

PICK UP NEWS