在宅ワーク・自宅・内職

多様な働き方の一つ、在宅ワーク!溢れる種類と魅力とは?

現在、多様な働き方の一つとして在宅ワークというものがあります。現在では在宅ワークの幅も広がり、在宅ワークをメインワークとしている人も増えました。もともとは外に出られない人や主婦の方が副業として在宅ワークをする人が多かったのですが。インターネットの普及により、わざわざ職場に出勤しなくても自宅でできるということが可能になってきたため、在宅ワークは徐々に定着していったのです。今回は、在宅ワークの基礎や種類、メリットなど在宅ワークについて徹底解析します。

多様な働き方の一つ、在宅ワーク!溢れる種類と魅力とは?

在宅ワークとは? 在宅ワークの基礎や特徴

在宅ワークとは、その名の通り自宅で仕事をするということです。2017年に「働き方改革」が政府によって推進され、多様な働き方ができるようになってきました。その中の大部分を占めるのが在宅ワークです。在宅ワークで思い浮かぶのは「内職」と思う人も多いでしょう。しかし、現在は在宅ワークの種類が多いに広がり、在宅ワークをする人は増えています。インターネットの普及が在宅ワークを後押しし、会社でできることが自宅でもできるようになったためです。また、育児や介護などの何らかの事情で外で働くことができない人にも在宅ワークは強い味方となってくれているのです。

在宅ワークとは? 在宅ワークの基礎や特徴

在宅ワークのメリットとは?

在宅ワークをする上での大きなメリットとなるのは。自分の好きな時間に仕事ができるということではないでしょうか。会社に勤務していると時間の縛りやスケジュール、ルールなどがありますが、その点在宅ワークは時間の制限がないので、深夜でも仕事をすることが可能です。また、パソコンを持っていてインターネット環境があれば、自宅でなくても近くのカフェなどで仕事ができるので、気分転換をしながら仕事をすることができます。自分のペースで仕事ができると、ストレスがなくスムーズに進めることできるのもメリットの一つです。そして、会社では必ずある人間関係にも悩まされないことは女性に人気となっています。

在宅ワークのメリットとは?

在宅ワークにはどんな種類がある?

昔は、シール貼りや袋詰めなどといった内職が定番でしたが、現在はインターネットの定着によって、在宅ワークの種類がとても広がりました。その中でも特に多いのがデータ入力や記事作成の仕事です。専門的なスキルを必要としないため、初心者でも観覧にできることが多いので人気が高い在宅ワークの種類と言えます。報酬も企業によって違いますが、一文字1円前後で設定している企業が多く見られます。その他に音声起こし、写真撮影、システム開発、デザイナー(webデザイナー)など多岐に渡ります。音声起こしは文字起こしとも呼ばれ、動画やレコーダーなどに取り込まれた音声をそのまま文字にする仕事です。写真撮影は、自分が撮影した写真を売ることです。写真を販売するアプリもあります。また、写真やイラストなどをパソコンに取り込んだり、イラストレーターなどを使ってデザインしたりする仕事もありますが、これはセンスや専門的な知識が必要になってきます。

在宅ワークにはどんな種類がある?

在宅ワークの報酬について。その相場は?

在宅ワークの報酬は、企業との直接のやりとりとなるため、完全出来高制です。自分の成果がそのまま報酬になって返ってくるので、成果報酬型と呼ばれることもあります。仕事の種類や働き方によって、報酬は変わってきます。育児や家事をしながら扶養内で気軽に働きたいという主婦の方は、簡単なライティングやデータ入力で月5万円稼ぐ人もいれば、時間に余裕があり本格的に在宅ワークをしている人は月20万円程稼いでいる人もいます。また、デザイナーやSEなどの専門的な知識を持っている人も月20万円程稼ぐこともあります。これは個人差があり、働き方やスキルの差が報酬を左右します。

在宅ワークの報酬について。その相場は?

在宅ワークをする上で気をつけたいこと

在宅ワークをする上で気をつけたいことは、自分がどのくらいの時間を作業に費やすことができるのかを把握して、仕事を進めることです。企業と契約することで発生するのが納期です。この納期を守れないと在宅ワーカーとしては続けることは難しいでしょう。納期をしっかり守るためにも稼働時間やスケジュールを組むことが重要です。また、自分ができることはどんなことなのかも把握しておくことが大事です。自分のスキルに適した仕事を見つけて、スキルアップしたり、知識を増やすことで仕事の質やスピードもUPするでしょう。

在宅ワークをする上で気をつけたいこと

まとめ

いかがでしたでしょうか。在宅ワークについてご紹介させていただきました。在宅ワークは個人同士のやりとりになるため、問題が発生した場合は自分で解決しなければいけないというデメリットもありますが、自分がやった分だけ報酬がもらえるという出来高制には喜びも大きいのではないでしょうか。また、自分のペースで好きな時間にできるということは何よりの魅力であります。在宅ワークを始めたい人は、まず自分にできることは何かを理解して、取り組みやすいものから始めると継続しやすくなるのでオススメです。

Written by azusamama
主婦兼フリーライターとして活動中。以前は、上場企業の大手アパレルメーカーにて10年間バイヤーと企画を担当。その後も上場企業のサービス業の会社で企画を担当。現在は、育児をしながらフリーライターとしてあらゆるジャンルのライティングに取り組んでいます。

KETWORD

PICK UP NEWS