在宅ワーク・自宅・内職

実録!主婦の私が在宅ワークを通して稼げるようになった理由

最後に、在宅ワークを始めて1年の私が在宅ワークで稼げるようになった理由をお話しします。

稼ぐという価値観には個人差がありますが、私の場合は専業主婦だったので、月2、3万のお小遣い程度の稼ぎを目標にしていました。

それが、1年間で目標金額の5倍稼げる主婦になったのです。

その理由を私なりに分析してみました。

実録!主婦の私が在宅ワークを通して稼げるようになった理由

普通の専業主婦でも在宅ワークで稼げる!

私は、夫の扶養に入りながら家事や育児をしていましたが、育児にも少し余裕が出てきた頃、時間を持て余すようになり、在宅ワークを始めようと大手クラウドソーシングサイトへ登録したのが始まりです。


「私だって、自由に使えるお金が欲しい」

そう思ったのがきっかけです。

最初は何から始めていいかわからず、とりあえずアンケート回答でお試し。

そして、日を追うごとに報酬がUPしました。では、アンケート回答から本格的な仕事を請け負い始めた経緯や報酬額についてお話しします。

普通の専業主婦でも在宅ワークで稼げる!

1円からのスタート!最初から稼げません!

最初は、初めてのクラウドソーシングサイトの利用ということで不安もあり、簡単なアンケート回答からスタートしました。

報酬は1円。

その後、アンケート回答を中心に簡単なタスクの記事作成(500文字〜 1000文字程度)をして1ヶ月が過ぎ、合計の報酬は8,000円ほどに。

それから美容系の写真撮影の仕事を請け負い、自撮り写真を売りながら3か月目くらいまでは月2万円ほど稼ぎました。目標金額を達成することができたのです。

1円からのスタート!最初から稼げません!

記事作成を本格的に始めた3か月以降!スキルのなかった私にライティングができた理由

記事作成を本格的に始めたのは3か月以降のタスク作業に慣れた頃でした。


私が記事作成に苦を感じなかったのは、これです!

記事を書くのが好きだったことと文章能力がついていたということ。

「たった3か月で?」と思いますが、私自身ライティングができた理由があるのです。


それは、読書が好きだったことです。


妊娠中のあり余った時間で何百冊という本を読みました。

ビジネス書からエッセイまで幅広く読み、この経験が自然と文章能力が身についたと感じています。
本を読んだあの時間は無駄じゃなかったと感じた瞬間でした。

記事作成を本格的に始めた3か月以降!スキルのなかった私にライティングができた理由

好きなジャンルを見つけて、どんどん契約を取っていく

記事作成に慣れてきたら、だんだん自分の好きなジャンルがわかってくるようになります。

私の場合は、美容系やファション系のライティングでした。
好きなジャンルだと経験を踏まえながらサクサク書けるのでオススメです。

そして、クオリティの高い記事が書けるようになると、継続案件として契約してくれることも多くなるので、評価が高くなります。

私は、この1年で継続案件を何件も抱え、大手クラウドソーシングサイトでプロの認定を頂きました。


ポイントは、どんどん契約を取っていくということ。

在宅ワーカーは仕事が降ってくるわけではありません。
どんどん自分からアピールして契約を結んでいかなければいけないので、作業中であっても自分にオススメの仕事はないか同時進行で探すのが報酬をUPさせる秘訣でもあります。

好きなジャンルを見つけて、どんどん契約を取っていく

主婦には時間がない!高単価の案件で報酬UP!

主婦には時間が限られています。

子供が寝ている間、保育園に行っている間など、限られた時間でしか作業はできません。

その間に家事もこなさなければいけないので、実質作業ワークに取り掛かれる時間は1日のうち多くても3時間程度です。


その限られた時間でどうやって稼ぐのか!?


高単価の仕事を見つけること、これに限ります。


私の場合は、一度高単価の仕事で成功すると、単価の低い案件に取り組むのは少し物足りなさを感じてしまい、高単価の案件に絞っていったのも報酬を上げるコツでした。

ただ、探すのに時間がかかるので根気が必要です。

主婦には時間がない!高単価の案件で報酬UP!

まとめ

このように私は、ライティングに関しては本当の初心者で何もわからないところからスタートして1年で目標金額の5倍の収入を得ることに成功しました。

決して安定はしていませんが、それでも毎月最低でも8万円稼いでいます。

特に特別なスキルを持っていたわけではありません。

読書が好きなことくらいです。


稼ぐ意欲さえあれば、それに応じた在宅ワークの案件はいくらでもあるということが、在宅ワークを1年やってみてわかったことです。

隙間時間をどう有効に使うかは自分次第です。

すぐにでも稼ぎたいという人には向いていないかもしれませんが、コツコツと続けていけば報酬はUPするはずです。

Written by azusamama
主婦兼フリーライターとして活動中。以前は、上場企業の大手アパレルメーカーにて10年間バイヤーと企画を担当。その後も上場企業のサービス業の会社で企画を担当。現在は、育児をしながらフリーライターとしてあらゆるジャンルのライティングに取り組んでいます。

KETWORD

PICK UP NEWS