在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワークのメリット・デメリットとは?

在宅ワークを進める上で知っておきたいのがメリットとデメリットです。知っていると知っていないのとでは、始める前の心構えやどう始めるべきかの段取りも違ってきます。在宅ワークのメリット・デメリットを知って、スムーズにスタートしましょう。

在宅ワークのメリット・デメリットとは?

在宅ワークのメリット・デメリットとはどんなこと?

在宅ワークのメリット・デメリットには一体どのようなことがあるのでしょうか。最大のメリットは、生活のリズムを変えることなく自分の好きな時間に自宅でできるという点です。逆にデメリットは、作業単価が低いことです。さらにメリット・デメリットを深掘りしていきたいと思います。

在宅ワークのメリット・デメリットとはどんなこと?

在宅ワークのメリット①好きな時間に自宅でできる

在宅ワークの一番のメリットといえば、自分の好きな時間に自宅でできるということです。時間の制限がないので、自分の都合で仕事をすることができる点は、在宅ワークの大きなメリットと言えます。特に育児や介護などで自宅での仕事に忙しい人には、早朝や深夜などにも作業をすることが可能なので人気です。通勤時間もないので、自宅での時間を有効に使うことができます。適度に休憩を挟みながらできるのも良いところです。

在宅ワークのメリット①好きな時間に自宅でできる

在宅ワークのメリット②人間関係がない

自宅で仕事するということは人と関わることがないので、会社で経験する人間関係がないのがメリットの一つと言えます。人間関係がもつれたり、馬が合わない上司や先輩がいると勤務するのが苦痛になることもあります。人間関係がストレスとなって体調を崩す人も少なくありません。しかし、在宅ワークは人間関係がないので、ストレスなく集中して取り組むことができます。

在宅ワークのメリット②人間関係がない

在宅ワークのデメリット①作業単価が低い

在宅ワークの大きなデメリットは、作業単価が低いということです。例を挙げると、ライティングの在宅ワークでは一文字何円というのが決まっているので、その文字単価が低いと全体の報酬が下がります。長い時間を割いた割には、報酬が低いということが難点なのです。文字単価の高いものだと報酬が高くなりますが、その分案件のレベルも高くなり、専門的な知識や文章能力が問われます。ライティングの質を上げて単価の高い案件で報酬を得たいならば、在宅ワークを始める前にライティングの勉強をすることをおすすめします。

在宅ワークのデメリット①作業単価が低い

在宅ワークのデメリット④コミュニケーション能力が低くなっていく

在宅ワークは、人間関係がないという点がメリットであるとご紹介しましたが、デメリットになることもありうるのです。個人差がありますが、自宅で仕事をしていると周りとのコミュニケーションを取る機会はグンと減ります。在宅ワークを始めるまで営業など人との関わりを大事にしてきた人には、物足りなさを感じることもあります。また、市場の動向や情報なども自宅にいることで感じにくくなってしまうのもデメリットの一つと言えます。

在宅ワークのデメリット④コミュニケーション能力が低くなっていく

まとめ

在宅ワークのメリット・デメリットについて紹介させていただきました。これ以外にもメリット・デメリットはありますが、大きな部分を取り上げています。在宅ワークは、一人で時間やスケジュールを決めて納期までに納品することが大事なので、自己管理をしっかり行い、自分でモチベーションを上げながら進めていくと継続できるでしょう。

Written by azusamama
主婦兼フリーライターとして活動中。以前は、上場企業の大手アパレルメーカーにて10年間バイヤーと企画を担当。その後も上場企業のサービス業の会社で企画を担当。現在は、育児をしながらフリーライターとしてあらゆるジャンルのライティングに取り組んでいます。

PICK UP NEWS