在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワークに必要な資格は?

在宅ワークには色々な種類があるのですが、どのような資格が必要なのでしょうか。またどのような資格をもっていれば稼ぎにつながるのでしょうか。詳しくご紹介します。

在宅ワークに必要な資格は?

在宅ワークの仕事を探すためにメリットのある資格はこちら!

在宅ワークは、ある程度実績がないとなかなか仕事は見つかりづらいのが現状です。面接をすることがなく、その人の実力もわからないのです。そこでまだ実績がない時におすすめなのが、アピールすることができる資格を持っておくとよいでしょう。決して資格があるからといって、必ず仕事が見つかるわけではありませんが、仕事に応募する時のアピールポイントにはなります。

在宅ワークの仕事を探すためにメリットのある資格はこちら!

日本語ワープロ検定

日本語ワープロ検定は日本で最も知られるタイピングの資格となっています。時間制限がある上に正確性が求められます。日本情報処理検定協会が主催しており、この資格を持っていると、入力の正しさあけでなく、改行、文字の位置、表の作成など全て正確に入力することがわかるので、持っていると大きなアピールとなるのです。

日本語ワープロ検定

パソコンスピード認定試験

日本情報処理検定協会が主催する民間資格であり、初段になるとブラインドタッチで速さと正確性が求められます。問題文そのままの位置でタイピングする能力も必要であり、営業の種類など丁寧なレイアウトの資料作成にも対応することができるようになります。また日本語以外にも英語のタイピングの検定もあるため、英文入力の点でもアピールができます。

パソコンスピード認定試験

Webデザイナー検定ベーシック

ライティングをするためには、文章力が必要なだけではなくHTMLやスタイルシート、Java scriptに関する知識がある程度必要となることがあります。この資格で勉強をしておけばこれらの知識を得ることができますし、さらに勉強をすすめるとホームページ作成へとつなげることもできます。

Webデザイナー検定ベーシック

文章読解・作成能力検定

文章内容の把握力、語彙力、表現力や構成力などを勉強する必要がある資格です。この資格をもっていればこれらのライティング能力があるというアピール力につながります。またさらなる文章力をみがく機会でもあり、良い文章をかくことができるでしょう。他にも同じ内容で、日本漢字能力検定をもっておくと正しい漢字を使うことができます。

文章読解・作成能力検定

まとめ

通常の就職活動でもそうですが、資格があるからといって必ず仕事が見つかるわけではありません。しかし特に実績のない方にとって、少しでもアピールする材料が多いに越したことはありません。たとえばこの資格をもっていれば、このくらいの力はあると応募をしている会社は判断することができるのです。前もって資格をとるのではなく、未経験でもできる仕事をしながら同時に資格の勉強をして、さらにレベルアップを目指してより多くの仕事、また単価の高い仕事に就く事ができるでしょう。

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS