在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワークとは!どんな種類があるのか?

在宅ワークはデータ入力などの仕事のイメージが強いと思います。しかし実際には色々な種類があります。それぞれ詳しくご紹介します。

在宅ワークとは!どんな種類があるのか?

在宅ワークはデータ入力以外にもこれだけの仕事がある!

在宅ワークといえば、データ入力のイメージが強いか思いますが実は様々な仕事があります。データ入力でも簡単な仕事から高度な仕事まであり、他にもライティングの仕事、ホームページ作成、翻訳、撮影など様々なジャンルの仕事があります。それぞれ経験がある、技術に自信があるといった方はデータ入力やライティングにこだわる必要はないのです。

在宅ワークはデータ入力以外にもこれだけの仕事がある!

ライティング

ライティングの仕事は最も多く存在します。簡単なレビューをするものから、データを収集し中には10,000文字以上の長文作成をすることもあります。初心者の方でも色々と教えてくれる仕事もあり、文章を書くのが得意な方は1文字1円以上の高額な仕事も存在します。中にはライティングだけで生計を立てている人もいます。案件によって、文字の書き方、文字数、段落の分け方、ワードを使うもの、直接ワードプレスに入稿するもの、関連画像が必要な案件などさまざまです。ライティングといってもルールは様々なので、依頼を受ける時にはよく内容を確認する必要があります。

ライティング

翻訳

英語また他の言語の能力をお持ちの方であれば、翻訳の仕事を見つけることができます。中には翻訳の仕事だけを案内しているクラウドソーシングもあり、能力をお持ちの方にとっては是非おすすめしたい案件です。数行の翻訳から本を出版できるレベルの翻訳まであり、実績を積んでいくことでだんだんと難しい案件を見つけることができまし、資格をとるための勉強も同時にできます。

翻訳

ホームページ作成

翻訳と同様、パソコンの技術がある方であればホームページ作成やロゴ作成、広告作成などの案件があります。中にはコンペになることもあるのですが、実績を作っていくと案件が増え単価アップも期待できます。最初からホームページを作る場合や、今あるものを修正する案件もあります。

ホームページ作成

撮影

運動会やイベントなどを撮影するようなある程度高度な技術が必要なもの、またレストランなどの外見を撮影しその店の口コミ情報などをまとめる仕事もあります。これらもパソコンの技術はなくてもできる仕事で、クラウドソーシングサービスなどでよく見かける案件でもあります。

撮影

まとめ

在宅ワークというと、データ入力など単純作業の繰り返しで単価が安いというイメージをお持ちかもしれません。たしかにデータ入力の案件は多いですが、決してそれだけではなく、ライティングやホームページ作成などの技術を要する内容、カメラ撮影や翻訳といったパソコン以外の技術が必要な仕事もあります。技術を要するものは当然単価が高く、相手に認められれば長期間仕事をすることもできるでしょう。また中には在宅ワークを本職としている人もいるのです。

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS