在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワークはどうやって探すの?探し方を伝授!

実際に在宅ワークを探していて、どのように探して良いのかわからない方もいらっしゃるでしょう。ここでは在宅ワークの探し方をご紹介します。

在宅ワークはどうやって探すの?探し方を伝授!

在宅ワークの探し方は、何種類かある!

在宅ワークの探し方は、通常の求人の探し方とは違う点があります。求人情報を探す方法もありますが、相手と中間に入って、契約トラブルや入金をしないなどのトラブルがあった時、仲介をしてくれます。手数料は安くないのですが、リスクを考えると決して高いとはいえません。

在宅ワークの探し方は、何種類かある!

在宅ワークを探すためにはクラウドサービスが便利

在宅ワークを見つけるためには、クラウドワークスやサグ―ワークスなどの仕事を紹介してくれるサービスが便利です。マッチングをしてくれるだけではなく、契約トラブルや支払いトラブルなどがあった時仲介しれるので、一人ですることが多い在宅ワーカーにとっておすすめです。しかし手数料が高いことがデメリットとなります。

在宅ワークを探すためにはクラウドサービスが便利

求人誌やちらしなど

フロムエーなどの求人誌や、新聞の折り込み、雑誌にも在宅ワークの求人情報が載っていることがあります。同じ内容をインターネットでも探すことができるため、探すことは難しくありません。

求人誌やちらしなど

自分で営業活動をする

以前の仕事場をあたったりなど、自分で営業活動をする人もいます。特に翻訳などの資格を持っている人であれば、この方法でも十分に可能性がありますが、経験や技術がない人であれば難しいでしょう。また契約や支払いの受け取りなどを全て自分で行う必要があることも覚えておく必要があります。

自分で営業活動をする

ココナラ

自分が得意な事を必要な人に売るサービスがあります。ロゴやデザインなどを作ることが得意な人は特におすすめのサイトです。他と違うのは、ワーカーが仕事を探すのではなく、仕事内容を公開しておいて、その内容で依頼したい人がコンタクトをとるシステムとなっています。そのためすぐ仕事にならなくても、待っていれば仕事になる可能性も十分にあります。

ココナラ

まとめ

在宅ワークを探すには、クラウドワークス、シュフ―などのクラウドソーシングを使うのが最も探しやすいです。間にはいってくれるので、契約トラブルや入金がされないなどの対応は全てクラウドソーシング側がしてくれます。また常に案件があるため安心です。しかしクラウドソーシングは手数料が高いことが多く、自分でブログやツイッターなどで情報を拡散したり、直接求人情報を利用する人もいます。また一般的なクラウドソーシング以外でも、翻訳に特化したサービスなど自分の能力あった仕事の探し方もあります。在宅ワークは基本的に一人で行うことがおおいため、トラブルの対応をしていると時間の無駄となるため、できるだけクラウドソーシングを使うことをおすすめします。

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS