在宅ワーク・自宅・内職

副業として在宅ワークはできるのか?副業をするために気を付ける点はこちら!

正社員として仕事をしている人で、副業を考えている人もいらっしゃるでしょう。現在企業は副業に関してどのように考えているのでしょうか。

副業として在宅ワークはできるのか?副業をするために気を付ける点はこちら!

副業として在宅ワークとは?また副業をするための注意点

本業の合間にする副業としては、在宅ワークは時間や場所の制限がないため最もむいています。しかし副業そのものをするためには、いくつか知っておく事項があります。これらを守れないと、副業をすることにより本業に支障がでてしまい、本末転倒となってしまうことがあるのです。

副業として在宅ワークとは?また副業をするための注意点

副業の移り変わり

最近では副業を必要としている人が多くなっています。
生活面で必要となることが多いのです。

副業の移り変わり

企業は副業を認めているのか

現状ほとんどの企業が副業を認めていません。それにはいくつか大きな理由があり、一番の理由は副業をしているために本業に支障をきたす人が多いということです。本業をしている時間以外で副業をするため、どうしても寝る時間を削ることになるのです。他にも会社の機密情報を漏らすおそれがあるなど、会社側が副業をすることによるリスクを心配するのです。

企業は副業を認めているのか

副業はばれないのか

それでは会社にだまって副業をすればいいのではないかと、お考えの方いらっしゃるでしょう。しかしあることで副業をしていることが発覚することが多いのです。それは確定申告であり、副業をしている分の収入もある一定の稼ぎ額をこえれば確定申告をする必要があります。この申告は就業元に連絡がいくため、副業をしていることがわかるのです。

副業はばれないのか

副業をする前に考えるべきこと

副業を始める前に考える必要があることをご説明いたします。まず本業をおろそかにしてしまっては本末転倒です。必ず本業の就業規約を確認することが大切であり、もし禁止されていれば副業はするべきではありません。毎月の収入が厳しいこともあるでしょうが、他の対策方法を見つける必要があります。また禁止をしていなくても、睡眠不足など疲労による本業への支障や内部情報の漏えいなどリスクが考えられる場合は副業はするべきではありません。

副業をする前に考えるべきこと

まとめ

副業の内容を考える前に、果たして副業をすることができるかどうかを考えるようにしてください。まず本業の就業規約で副業禁止をしていれば副業をするべきではありません。ばれなければいいやと考えるかもしれないのですが、確定申告をする時に大方ばれます。またばれないように確定申告をしないのは論外です。また就業規約に禁止条例がなくても、本業に支障がある場合は副業をするべきではありません。副業をすることにより睡眠不足などにより疲労がたまることにより、本業がうまくいかなくなれば副業どころではありません。

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS