在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワークでテレワークはできるのか?現状をご紹介!

都心などの会社に籍を置きながら、時間や場所に縛られない仕事がテレワークなのですが、在宅でテレワークを行うことができるのでしょうか。現状をご紹介します。

在宅ワークでテレワークはできるのか?現状をご紹介!

テレワークは在宅ワークとしても成り立つのか?

場所や時間を選ばないのがテレワークであり、多くの企業がこのテレワークという働き方を推進しつつあり、政府でも助成金を出すなどこの動きが広まっています。それではテレワークとは具体的にどんな働き方なのか?また在宅ワークでも対応できるのかご紹介します。

テレワークは在宅ワークとしても成り立つのか?

テレワークとは?

テレワークとは就業の仕方の一種であり、会社に属しながらも実際には出社することなく、インターネットでのコミュニケーションが主体となる働き方です。そのため、東京の会社に就職して、実際は沖縄などの地方で仕事をしている人が最近では増えています。

テレワークとは?

個人事業でもテレワークをすることができます。

個人事業として開業をし、クライアントの契約を結ぶことによりテレワークを行うことができます。実際に商談をする時も、スカイプなどのWEB上で行うことが多くなります。自分にあった内容の仕事だけを探すことができるので、長続きしやすくなります。

個人事業でもテレワークをすることができます。

テレワークのイベント

現状では都内や大阪などで多いのですが、テレワーカーを募集するためのイベントが行われています。実際にどのような状態で仕事をしているかなどを体験することができます。
日本テレワーク協会のホームページを見ると、現在のイベント情報がわかります。

テレワークのイベント

テレワークに向く副業

テレワークに向く副業で、在宅でできるものはアンケートモニター、コンテンツライター、データ入力、テープ起こしなどがあります。いずれも実際に繰り返しの作業が苦にならず、正確に仕事ができることが求められます。タイピング能力、情報を集める能力があるとなおよいでしょう。いずれも資格が必要なわけではありませんが、これらの関連する資格を持っていると、アピールになります。

テレワークに向く副業

まとめ

テレワークは政府がテレワークを設置して採用した企業に対して助成金を出すなどの動きが活発になっています。これは人口が会社の多い、首都圏や大阪、福岡などの大都市に集中し過疎化が進んでしまう事の対策になります。地方に住んでいる多くの人は、仕事がなくて外へでていきます。そこでテレワークを使って、自宅でも仕事ができるような環境をつくることにより、どこでも仕事ができるようになるため地方から人がでていかず、またUターンなどで戻ってくると考えた方策なのです。大手企業に属することもできますし、個人事業として始めることもできます。また副業レベルの仕事も多くあります。

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS