在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワーカー特有の経費として計上できる対象

在宅ワーカーは個人事業主の立場になるため、年に一度の確定申告を自分で行うのが基本です。

確定申告の際は経費をしっかりと計上して節税に努めることをおすすめします。
在宅ワーカーは自宅を仕事場とする特性上、家賃や光熱費などの一部が経費として認められる場合があります。

在宅ワーカー特有の経費として計上できる対象

仕事で使ったお金は経費になる

一般的に仕事で収入を得るために使うお金を「経費」と定義します。
例えばお店を経営する場合、商品の仕入れ費用やお店のスタッフの給料(人件費)などは経費扱いとなり、その金額は経費として計上されます。
経費として計上された分は所得控除の対象になります。つまり仕事で得た収入額から経費額を差し引いた金額=所得(事業所得)となり、所得額に応じて所得税を算出し、課税されます。

経費は申告制のため、確定申告の際に申告しないと所得控除されません。そのため経費として使ったお金はレシートや領収書などを残し、記録しておく必要があります。

仕事で使ったお金は経費になる

在宅ワークで経費となる対象

実は在宅ワーカーは会社勤めの仕事以上に経費になる対象が多い傾向があり、経費として計上できるものを覚えておけば有効な節税対策となります。

在宅ワーカーにとって必需品ともいえるパソコンは当然経費の対象となります。
仕事用にパソコンを購入した際は是非ともレシートや領収書を保管して経費で計上しましょう。
文章作成の仕事をする場合はOfficeソフトの購入代金、デザイン系の仕事をする場合はデザイン系ソフトの購入代金もそれぞれ経費扱いされます。

在宅ワークで経費となる対象

家賃

在宅ワーカーは文字通りで自宅で仕事をすることが多いと思われます。この場合は自宅をオフィス、事務所として使っていると判断され、家賃の一部を経費として計上できます。

家賃の一部というのは、自宅を生活スペースとして使っている分もあるため、家賃の100%を経費として計上するのは難しいという話です。仕事場専用の部屋を賃貸している場合、その部屋の家賃は100%経費となります。

あくまで自宅を仕事場として使っている場合は1日あたりの仕事時間や仕事で使っている場所の占有面積の割合から、家賃の一部を経費として計上できます。
以上のように自宅を仕事場に使う場合の仕事場としての割合を「地代家賃」と定義します。

家賃

光熱費(主に電気代)

自宅で仕事をしている場合、上記の地代家賃と同じ考え方で、仕事で使ったと思われる割合の光熱費も経費で計上できます。ただしクラウドワーカーの場合、主に使うのはパソコン利用の電気代になるため、ガスと水道を仕事で使った割合を証明するのが難しいと思われます。
以上のことから電気代を仕事でどれくらい使ったかの家事按分係数を算出して電気代の一部を経費で計上する在宅ワーカーは多いようです。

光熱費(主に電気代)

交通費、交際費

在宅ワーカーを続けていると、たまにクライアントとの打ち合わせでクライアント本社に出向くことがあると思います。その際の交通費は経費で計上可能です。
仕事のために取材が必要になった場合はいわゆる「出張」になるため、交通費や宿泊費は経費で計上できます。
取引先との食事は接待費、交際費となるため経費で計上可能です。

交通費、交際費

まとめ

会社勤めでも、在宅ワークでも、仕事で得た収入額に応じて所得税が算出され、課税されます。
仕事のために使ったお金は経費として扱われ、収入額から差し引くことができます。
経費は申告制のため、経費として使ったお金の記録はしっかりと保管しておきましょう。
在宅ワークの場合は自宅が主な仕事場となるため、家賃や光熱費の一部を経費として計上可能です。

Written by タキザワユウスケ
広告関係の会社で10年ほどWeb政策の仕事をした後、フリライターを始める。現在はWebマーケティング、ガジェット系、金融系、フリーランスの働き方、などのジャンルでの記事執筆が中心。

PICK UP NEWS