在宅ワーク・自宅・内職

在宅ワーカーは早起きが理想的?

在宅ワーカーは基本的に仕事をする時間も自由に決めることができます。そのため無理に早起きする必要もないのが大きな利点ですが、在宅ワークを長く安定して続けようする場合、「早起きは三文の徳」の理屈が当てはまる場合が多々あり、早起きの習慣はおすすめです。

在宅ワーカーは早起きが理想的?

在宅ワーカーは自由に時間を使える点が最大の魅力

在宅ワーカーは会社勤めと比べて圧倒的に時間を自由に使えます。
仕事はクライアントからの発注を任意で受けるため、あまり稼がなくていいのであれば、あえて仕事量も減らし、1日の多くの時間を余暇として過ごすことができます。
これは会社勤めからするといかにも羨ましい話かもしれませんが、仕事をセーブするということは収入も減るということになり、良くも悪くも自己責任です。

多くの在宅ワーカーは仕事の時間を自由に選べるため、朝はゆっくり起き、昼ものんびり過ごし、夕方くらいから仕事始めても問題はありません。在宅ワーカーにおける、時間に関して大切なことは、仕事の納期をしっかり守ることです。

在宅ワーカーは自由に時間を使える点が最大の魅力

朝のほうが仕事は能率的?

一般的に成功者は早起きの人が多く、朝のうちに主要な仕事を片付けてしまう、という例が多いようです。朝早い時間のほうが仕事のメールなどが少なく、メール返信に煩わされることがなく、効率が上がる、といった理由もあるようです。

朝のほうがメール返信などなく、自分の仕事に集中できる、起床して間もないときが集中力は高まる、などの意見は確かに一理あります。
しかし体質的に夕方以降のほうが集中力は高まるという人も珍しくはありません。小説家や漫画家の世界には完全夜型で執筆する人気作家、いわゆる成功者も珍しくはありません。

あくまで集中力が増す時間帯は個人差があります。
起床後、間もない時間は頭がスッキリして集中しやすいという傾向の人が多いのは確かですが、もしもそれに当てはまらない場合は無理に朝方に仕事をする必要性は薄いと思われます。

以上のような理屈を踏まえても、やはり在宅ワーカーの仕事は、起床してからなるべく早い時間帯、つまり一日の中の前半で済ませてしまう習慣を身につけることをおすすめします。

朝のほうが仕事は能率的?

仕事はなるべく早い時間に行うべき理由

在宅ワークの仕事をスムーズに進めたい場合、必ずしも早起きである必要はなく、また明るい時間帯に仕事をする必要性も薄いと思われます。このため夜型で、夜中に作業をするスタイルでも問題はありません。
大切なことは、一日の活動時間の中で、なるべく早めに仕事を始め、一日の前半に仕事を済ませてしまうのが理想的、ということです。

在宅ワーカーが会社勤めとの最大の違いは、自分一人で仕事をする立場であり、自分を監視してくれるような人がいない、という点です。会社に勤めていれば周囲の目もあり、能率を求める上役の目もあるため、いわゆる仕事を頑張る空気が形成されます。しかし在宅ワーカーにはそれが無いのです。

在宅ワーカーは仕事を促す周囲の目がないため、サボろうと思えばいつでもサボれます。作業中についついネットサーフィン、なんてことは在宅ワーカーあるあるですね。

以上のことから、在宅ワーカーはメリハリをつけて仕事に臨むことが重要課題であり、基本的に自分に厳しくしないと仕事時間はどんどん間延びし、時給換算による収入は減ってしまいます。このため、一日の中の、前半で仕事を終わらせるくらいのスタンスが望ましいのです。

仕事はなるべく早い時間に行うべき理由

まとめ

在宅ワーカーは会社勤めと比べて時間を自由に使える利点であり、在宅ワーカーの大きな魅力です。
一般的に成功者は早起きが多く、早いうちに仕事をするのは効率的という意見がありますが、在宅ワーカーは時間を自由に使えるため、仕事をする時間は一日の内で早くても遅くても問題ありません。
しかし在宅ワーカーは会社勤め以上に自己管理が大切であり、仕事は早めにこなす気概を持たないと仕事時間はどんどん長くなり、効率のいい仕事が難しくなりがちです。

以上のことから、時間が自由になる在宅ワーカーでも、できるだけ一日の前半の時間に仕事を済ませてしまう習慣を身につけることが望ましいといえます。このため在宅ワーカーにとって早起きは良い習慣といえます。
しかし在宅ワーカーは夜型でも問題は無く、大切なことは一日の間の前半に仕事を始める癖をつけることです。

Written by タキザワユウスケ
広告関係の会社で10年ほどWeb政策の仕事をした後、フリライターを始める。現在はWebマーケティング、ガジェット系、金融系、フリーランスの働き方、などのジャンルでの記事執筆が中心。

PICK UP NEWS