在宅ワーク・自宅・内職

知らなきゃ損!在宅ワークには確定申告が必要?

この時期になると、ちらほら耳に入ってくる「確定申告」の言葉。実は、在宅ワークにも確定申告が必要って知っていましたか? 「扶養内に収まっていれば大丈夫なのでは?」「ちょっとしたお小遣い稼ぎなのに」と思っている人はたくさんいるでしょう。在宅ワークは給与ではない報酬を得ているので、報酬額によっては確定申告が必要な場合があるのです。そこで今回は、在宅ワークの確定申告についてご紹介していきたいと思います。

知らなきゃ損!在宅ワークには確定申告が必要?

なぜ、在宅ワークに確定申告が必要なの?

在宅ワークには確定申告が必要な場合と必要でない場合があります。報酬額や、在宅ワークを本業としているか副業としているかでも変わってきます。在宅ワークで仕事をする人は、企業のように年末調整がないので、確定申告をしなければいけないことが多いです。在宅ワークは給与ではないけれど立派な所得として扱われるので、所得税の支払いが必要になってくる場合があるのです。では、どのような場合に確定申告をしなければいけないのか、報酬額がいくらから確定申告をする必要があるのかなどをご紹介していきます。

なぜ、在宅ワークに確定申告が必要なの?

確定申告が必要になるケースとは?

まず、確定申告をしなければいけない人ですが、本業があり1か所から給与が発生している場合に、副業収入が20万円以上ある人は確定申告をしなければいけません。年間で20万円以上の所得が2か所以上の会社からある人も確定申告をする必要があります。在宅ワークをしているといくつかの企業と契約をすることも多いので、2か所以上になる人もいるのではないでしょうか。また、収入が在宅ワークのみだという人の場合、年間の所得額が38万円を超えるのであれば確定申告をします。誰もが受けられる基礎控除額は38万円であり、総所得から必要経費(作業に使った通信費や交通費、電気代など)を差し引いた額が38万円以上ある場合を指します。

確定申告が必要になるケースとは?

確定申告が必要ではない場合はどんな時?

基本的に年間20万未満の収入なら確定申告する必要はありません。フリーランスとしての事業所得でも、副業としての雑所得でも20万円に満たなければ申告しなくていいのです。また、通信費や環境代などの必要経費を差し引いての所得が20万円以内であっても申告は必要ありません。

確定申告が必要ではない場合はどんな時?

在宅ワークの必要経費とはどんなものがある?

では、所得を20万以内に収めようとするためには必要経費の算出をしっかりしなければなりません。では、どんなものが必要経費として認められるのでしょうか?確定申告で求められる経費は様々で、細かいものもたくさんあります。在宅ワークは自宅でパソコンを使う仕事が多いので、家賃や通信費、光熱費が認められます。また、文房具や書籍、企業とのやりとりに使う電話代やコピー用紙代、打ち合わせ時の交通費や飲食費なども認められる経費となります。ただ、この経費を認めてもらうには証明としてレシートや領収書が必要となってくるので大切に保管しておくことが必要です。

在宅ワークの必要経費とはどんなものがある?

在宅ワークをする主婦が知っておくべきポイント

在宅ワークをする主婦は、家事や育児の隙間時間でする簡単な仕事が多いので、確定申告をするなど思いもよらないのではないでしょうか。最初はお小遣い稼ぎのつもりでいても、だんだんと報酬が上がっていくパターンが多いこともあります。その際には、個人事業として開業届を提出しなければならないのです。「開業届なんてそんな大それたことではない」と思う主婦の方もいるでしょう。しかし、これが在宅ワークをする上で覚えておかないといけないことの一つなのです。この場合、事業所得として申請せず、雑所得として申告する人も多いです。

在宅ワークをする主婦が知っておくべきポイント

まとめ

まだまだ在宅ワークの確定申告については、奥が深い内容がたくさんあります。自分は確定申告するべきなのかどうかを知る必要があります。今となっては気軽にできる在宅ワークですが、確定申告につおては意外と知らないの人も多いので、この機会に調べたり、税務署に問い合わせて聞いてみることをオススメします。

Written by azusamama
主婦兼フリーライターとして活動中。以前は、上場企業の大手アパレルメーカーにて10年間バイヤーと企画を担当。その後も上場企業のサービス業の会社で企画を担当。現在は、育児をしながらフリーライターとしてあらゆるジャンルのライティングに取り組んでいます。

PICK UP NEWS