在宅ワーク・自宅・内職

記事作成の仕事の際に覚えておきたいSEOの概念

インターネット記事の多くは観覧者数を増やし、広告収入を得ることで収益につながる構造のため、SEOを意識した構成が望ましいといえます。
SEO対策が施されていればインターネットで上位検索される可能性が高まり、高い広告効果が期待できます。

SEOの仕組みは日々進歩しており、現在では単純に注目度の高いキーワード盛り込む程度では高スコアは見込めないくらい複雑化しています。

記事作成の仕事の際に覚えておきたいSEOの概念

SEOの基本知識、SEOって何?

SEOは「Search Engine Optimization」の略語です。

SEOを簡単に解説すると、インターネットのキーワード検索で上位表示されるための技術、工夫、のことです。


例えばGoogle検索で所得税に関する情報を得たいと考え「所得税 基本」といったキーワードで検索するとします。すると所得税に関する基礎知識や、所得税に関してわかりやすく解説するサイトがいくつかヒットします。

ヒットした無数のサイトの中でも上位検索されたサイトはSEOの審査で高スコアのため上位に表示されている可能性が高いのです。

上位に表示されているということは多くの人が観覧する可能性が高く、企業からの広告掲載需要の高い、つまりビジネス的に価値のあるサイトといえます。

SEOの基本知識、SEOって何?

検索エンジンはほぼGoogle一択状態

インターネット検索といえばGoogleですが、Googleとは「検索エンジン」の一種であり、検索エンジンとはキーワード検索した際にどれを上位ヒットさせるかのプログラムです。

つまりGoogleで1番上にヒットしたサイトでも他の検索エンジンではアルゴリズム(プログラムの計算方法)が違うため、1番上にヒットするとは限りません。


SEO対策は検索エンジンの数だけあるということですが、そもそもGoogle以外の検索エンジンには何があるかご存知でしょうか?

例えば「Yahoo! Japan」でもキーワード検索はできますが、Yahoo! Japanもグーグルの検索エンジンを採用しているため検索結果は同じです。


Google以外の主な検索エンジンには以下があります。

---------------------------
 Bing (Microsoft制作の検索エンジン。海外のYAHOOはこれを採用)
 NAVER (韓国で6割のシェアを誇る検索エンジン。日本版はすでに終了)
 Baidu (アジア全域ではトップシェア。こちらも日本版は終了)
---------------------------

NAVERとBaiduは現在でもアクセス可能ですが、日本語版が終了しており、日本語表示されないため日本語サイトの検索がほぼできない状態です。

日本国内ではほとんどがGoogleベースのエンジン、少数ながら、Bingベースのエンジン、といった感じではないでしょうか。


以上のように日本でメジャーな検索エンジンはほぼGoogleの状態であり、クライアントが求めるSEO=GoogleのSEO、という認識でOKです。

検索エンジンはほぼGoogle一択状態

日々進化するSEOのアルゴリズム

Google検索でどんな記事が上位ヒットするかはGoogleの検索アルゴリズム次第ですが、Googleの検索アルゴリズムはまさにブラックボックス、Google社でもトップシークレットです。

一昔前は有効なキーワードをできるだけ多く盛り込めば上位ヒットされる傾向があったのですが、ここ10年くらいでGoogleはアルゴリズムを何度かアップデートし、単純に旬のキーワードを多く盛り込んでも上位ヒットしないくらいアルゴリズムは複雑化しています。

記事を作成してインターネットにアップした際、GoogleのAIがそれを200以上の項目で審査する形で、ほぼ自動化されているという説が有力です。

日々進化するSEOのアルゴリズム

まとめ

SEO対策は一昔前ならば特定のキーワードを盛り込むだけである程度の結果が期待できる単純なアルゴリズムでしたが、Googleのアルゴリズムは日進月歩で進化しており、現在ではその全容を掴むのは一筋縄ではいきません。

しかしGoogle社が一貫してアナウンスしているのは、より価値のある情報を盛り込んだサイトが上位ヒットするようにSEOを改良している、という方向性です。


SEOのアルゴリズムは常に進化し続けており、大型アップデートで過去のSEO対策がほとんど通用しなくなった、という事態が何度かありました。

これからは、よりわかりやすく、価値のある情報を盛り込んだ記事の作成を意識することで、有効なSEO対策の輪郭が見えてくるのではないでしょうか。

Written by タキザワユウスケ
広告関係の会社で10年ほどWeb政策の仕事をした後、フリライターを始める。現在はWebマーケティング、ガジェット系、金融系、フリーランスの働き方、などのジャンルでの記事執筆が中心。

PICK UP NEWS