在宅ワーク・自宅・内職

副業として手を出してはいけない仕事とは?

世の中、さまざまな方法で副業収入を得ている人がいます。
仕事内容はさまざまですが、中には「手を出してはいけない仕事」もあります。

そこで、副業として始めてはいけないこととは、どのようなものなのか…ということについて解説します。

副業として手を出してはいけない仕事とは?

仕事によっては収入を得られる以上のデメリット・リスクがある!

現在、さまざまな仕事等が副業として成り立ち、中には本業収入を超える収入を副業で得ている人もいます。収入が増えることで、貯金を増やすことができたり、ローン返済に役立てることができるなど、さまざまな目的を実現することができるようになります。

そして、世の中にはさまざまな仕事や収入を得る方法がありますが、その中には「副業として手を出してはいけないもの」も含まれています。
中には高収入を得られる魅力ある仕事もあるかもしれませんが、手を出してはいけない仕事も…。

手を出していけないというものにはそれなりの理由があるのです。

仕事によっては収入を得られる以上のデメリット・リスクがある!

手を出してはいけない仕事①「ギャンブル」

1つ目は「ギャンブル」です。

ギャンブルは、投入した資金の数倍になって返ってくることもありますし、ストレス発散にもなるでしょう。

しかし、往々にしてギャンブルは損することのほうが多く、人によっては「ギャンブル依存症」になってしまうこともあります。依存症になってしまうとギャンブル第一になってしまい、副業どころではなくなってしまうのです。時にはギャンブルのために生活を限界まで切り詰めたり、犯罪行為に走ってしまうことも考えられるなど、非常にリスキーです。

手を出してはいけない仕事①「ギャンブル」

手を出してはいけない仕事②「投資」

2つ目は「投資」です。

これもギャンブル同様に投入した数倍のお金が返ってくる可能性があり、自宅にいながらできるので副業の花形ともいえます。

しかし、ギャンブル同様に損失が発生するリスクを考慮しなければなりません。レバレッジをきかせた取引ほどハイリスクハイリターンになり、ときに数千万円という借金を背負ってしまうこともあります。

手を出してはいけない仕事②「投資」

手を出してはいけない仕事③「初期投資が高額」

3つ目は「初期投資が高額になる仕事」です。

例えば写真を副業にしたい場合、カメラは絶対に必要です。高額なカメラほど性能が良く、高品質な写真を撮影することができますが、最初から高額な投資をすることは極めて危険であるといえます。

例えば100万円の初期投資をして、月10万円稼げるようになれば10か月で初期投資を回収できます。しかし、初期投資を回収できるほど長続きするとは限りません。思ったように収入を得られず、途中で挫折しても初期投資は返ってこないのです。

手を出してはいけない仕事③「初期投資が高額」

手を出してはいけない仕事④「犯罪行為」

最後は「犯罪行為」です。

これは説明するまでもなく、絶対に避けなければなりません。

直近でも、ニュースでは詐欺についての報道がされていました。

真っ当な方法ではない手段でお金を稼いでも何の意味も無いでしょう。

副業は、あくまでも真っ当でなければならないのです!

手を出してはいけない仕事④「犯罪行為」

まとめ

いかがでしたでしょうか。
さまざまな副業が考えられますが、中にはリスクを伴うものもあり、特に初心者にはオススメできない内容のものもあります。
もちろん、投資や初期投資が必要な副業も魅力的ですが、内包するリスクについてはきちんと考慮する必要があります。

Written by 佐々木 政子
フリーペーパーの元副編集長です。読者の方に役立つネタ、いっぱい持っています!

PICK UP NEWS