在宅ワーク・自宅・内職

働くママに人気!在宅ワークの新しい働き方とは?

最近、働くママにとって良いバランスとなっているノマドワーク。企業に勤めながら週の何回かは自宅やカフェなどで在宅ワークをする仕事のことです。新しい働き方として徐々に浸透し始め、ママ業と仕事を良いバランスで両立できる素敵な仕組みなんです。最近では、リモートワークとも呼ばれています。今回は、働くママにフォーカスを当て、ノマドワークについてご紹介したいと思います。

働くママに人気!在宅ワークの新しい働き方とは?

ノマドワークとは?子育てと仕事のバランスを見直した新しい働き方

2009年ごろから「ノマドワーカー」という言葉が出回り、現在はノマドワーカーとして働いているママさんが増え始めています。会社に勤務する日、在宅ワークをする日というのを分けて、育児や家事、仕事の両立ができることでオススメの働き方です。企業が推進していなければこの働き方はできませんが、ある程度の大きい企業や役職、勤務年数によって申請すれば考慮してくれることもあります。

ノマドワークとは?子育てと仕事のバランスを見直した新しい働き方

ノマドワークとは?

ノマドとは英語で直訳すると「遊牧民」を意味します。ワークングスタイルとして指すノマドワーカーとは、特定の職場や拠点を定めず、移動しながら仕事をする人々のことを言います。週のうち何日かは自宅やカフェなどで仕事をしたり、また出勤せずに取引先へ出向いて打ち合わせなどをすることもノマドワーカーとなります。

ノマドワークとは?

ノマドワーカーをするメリットとは?

大きくは、子育てと仕事の両立がしやすくなることです。会社に出勤すると時間が制限されますが、ノマドワーカーになることによって自分の決めた時間で仕事をすることが可能に。気分的にも落ち着いて仕事ができたり、勤務するより集中して仕事に取り組めるというママさんの声もあります。出勤しない日は、一人での行動となるためお一人様ランチを楽しめたり、服装もオフィスコーデではなくオシャレができるのも一つの醍醐味です。

ノマドワーカーをするメリットとは?

ノマドワークにはどんな仕事の種類があるの?

ノマドワークには、いろんな働き方があります。前述したように会社に勤務しながら週の何日かはリモートワークをする人や会社に属さずにフリーランスとして活動する人もいます。では、どんな種類があるのでしょうか。会社に勤めている人でノマドワークができる人は、自分の裁量で仕事を進められる人です。コンサルティングやデザイナー、企画、PRなどが挙げられます。フリーランスとしてのノマドワーカーは、在宅で記事作成やブログ、動画作成などのライティング業務を中心に、セミナーやイベント開催やオンラインショップ、ネット投資など幅広いです。

ノマドワークにはどんな仕事の種類があるの?

ノマドワーカーとして働くために気をつけたいこと

ノマドワーカーとして働くには、自宅やカフェなどの在宅ワークとなるため、自分専用のパソコンとインターネット環境があることが必須です。会社に勤務している人は、ノマドワークをすることによってミスが起こった場合、自分でミスの処理をしなければいけません。ミスで会社にわざわざ出向くことがないように、ノマドワーク中はミスが出ないように細心の注意を払いましょう。また、会社勤めの人、フリーランスの人に限らず、外で仕事をする場合は通りすがりの人にパソコンの画面を見られる可能性が高いので、気をつける必要があります。

ノマドワーカーとして働くために気をつけたいこと

まとめ

現在、働くママにとって充実した働き方として人気となっているノマドワーク。育児をしている人なら、ライフスタイルにもメリハリがついて仕事と良いバランスが保てる人が多いようです。今やいろんな働き方がある中で、自分に合った働き方を見つけて充実した生活を送れるようになれるといいですね。

Written by azusamama
主婦兼フリーライターとして活動中。以前は、上場企業の大手アパレルメーカーにて10年間バイヤーと企画を担当。その後も上場企業のサービス業の会社で企画を担当。現在は、育児をしながらフリーライターとしてあらゆるジャンルのライティングに取り組んでいます。

PICK UP NEWS