在宅ワーク・自宅・内職

デザイナーと副業は相性抜群!メリットや仕事の取り方をご紹介

デザイナーの副業に興味を持ち、いろいろと調べていませんか?
大手企業でも副業が解禁されて副業への関心が高まっていますが、デザイナーは副業との相性が特に良い職業の1つです。もっとも最初はなぜデザイナーと副業の相性が良いかや何から始めればいいかなどが分からないことでしょう。

そこで、副業との相性が良い理由や副業をするメリット、仕事をとるのにおすすめのサービスなどを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

デザイナーと副業は相性抜群!メリットや仕事の取り方をご紹介

デザイナーは副業しやすい職業!デザインのスキルは引く手あまた

デザイナーは副業と相性が良い職業で、具体的には以下の3つの理由があげられます。


・需要が多く、稼ぎやすい


・仕事の獲得から納品までネットで完結できる


・在宅ワークが可能


デザイナーの副業案件はロゴやイラスト、広告にWebサイトデザインなど多岐にわたり、需要が多いです。高単価の案件や継続の話も多々ありますので、月に数万円から数十万円をコンスタントに稼いでいきやすいといえます。


また、デザイナーの副業案件はネットで獲得しやすく、納品もネット上で可能です。したがって、副業を始めやすい環境が整っており、在宅での仕事もしやすく、スキマ時間を活かして効率的に収入を得やすくなっています。


このように、現在デザイナーの人や過去にデザイン系の仕事に携わった経験のある人にとって、副業や在宅でのデザインの副業は始めやすく稼ぎやすいものです。また、単純に副収入を得る以上のメリットもあり、副業がきっかけで人生に大きな差が出る可能性もあります。そこで、デザイナーが副業をするメリットを続けて詳しく紹介していきましょう。

デザイナーは副業しやすい職業!デザインのスキルは引く手あまた

デザイナーが副業するメリットを解説

デザイナーが副業して得られるメリットは、以下の4つが代表的です。


・生涯年収のアップ


・デザイナーとしてスキルアップできる


・スキルが増えて社会人としてステップアップ可能


・コネクションができて独立の助けにできる


当たり前といえば当たり前ですが、デザイナーが副業をすると生涯年収をアップできます。デザイン事務所などで働いていると、収入は安定こそしますが、月収を1万円上げることすら、それなりに大変です。しかし、なんらかの副業に取り組めば、ゆうに月収1万円以上を得られますので、一生涯で考えると大きな差がついていくでしょう。


また、副業でさまざまな案件や仕事をこなす事自体にもメリットがあります。普段はできないデザインをすれば、デザイナーとしての引き出しが増えますし、普段と似たような案件でも仕事の生産性を上げるヒントが見えてくるかもしれません。勤め先ではできない手法や方向性も自由に試せるので、ぜひともスキルアップに副業を活用してください。


なお、詳しくは後ほど紹介しますが、デザインのスキルを活かして講師などの副業もできるので、新たな職やスキルセットを増やすことにもつなげられます。


そして、もし独立も視野に入れているなら、副業をしない手はありません。というのも、デザイナーが副業をしていると自然といろいろなクライアントと接点ができ、コネクションができていくからです。実際、副業がきっかけで自分自身の価値に気づいて独立するデザイナーも多くいます。独立するに際しても、企業以外で築いたコネクションの有無は、仕事の確保や困ったときの相談先の数として、大きな差が出てくるものです。業界内でのあなた自身の価値や将来のキャリア作りにも副業の経験は役に立ってくれますので、ぜひ副業に取り組んでみてください。

デザイナーが副業するメリットを解説

デザイナーができる副業の種類

ここからは、デザイナーができる副業の種類を詳しく紹介していきます。というのも、デザインのスキルや知識を活かして、講師や記事執筆の副業もできるからです。いろいろなことにチャレンジできるのも副業の良さですので、ぜひ事前にどんな選択肢があるのかを押させえておいてください。デザイナーと関連のある仕事で、代表的なものは以下のとおりです。


・ロゴやバナー、イラストの作成


・印刷物、DTPのデザイン


・キャラクターやアイコン、アニメの作成


・広告作成


・テクニックなどを教える講師


・職業事情や手法を解説するライター


ロゴやイラストなどは企業が自社の宣伝や営業のために依頼していることが多く、クラウドソーシングなどでコンペが行われています。採用されると、ウケの良い実績として紹介できるので、おすすめです。


印刷物やDTPデザインの仕事も多く、チラシやパンプレットなどの依頼が散見します。ロゴ作成などと比べると作業量が多くなりますが、報酬には期待できますので、スキルや経験があるなら、ぜひ視野に入れてみてください。


 


また、コンスタントに副収入を得ていきたい場合は、Webメディアなどで表示される広告デザインやバナー作成の仕事がおすすめといえます。というのも、1枚あたりの単価が15,000円前後と高く、基本的にメディアの場所や端末のサイズにあわせて、10枚前後のデザインが要求されるからです。高単価の仕事がまとまって受注できますので、確実に収入を得ていけることでしょう。


デザインに関連する案件が多い一方で、デザインのテクニックなどを教える講師の仕事や記事を執筆するライターの副業もできます。実際、プログラマやファイナンシャルプランナーといった専門家限定のライティングなどの案件があるのです。デザインのスキルがあるからと、デザイナー系の案件にばかりに意識が行ってしまいがちですが、視点を変えるとさまざまな副業と接点を持てます。メリットとしては、プレゼン能力などがきたえられ、デザインとは違う仕事をすることで、キャリアを考えていく材料にもなるでしょう。募集自体は少ないですが、デザイナーとして実績が蓄積されていると、高単価での依頼も期待できますので、SNSやブログなどでの情報発信もしておくのがおすすめです。


もちろん、デザイナーと関連性のないデータ入力やアルバイトも副業の選択肢になり得ます。気分転換にはなるかもしれませんが、本業との相乗効果やより高い収入を副業で得たいなら、上記で紹介したいずれかの副業に取り組むのがおすすめです。もっとも、最初はどうすれば上記で紹介した副業の仕事を受注できるのかわからないことでしょう。そこで、デザイナーにおすすめの副業を探す方法を続けて紹介していきます。

デザイナーができる副業の種類

デザイナーの副業案件を探すのにおすすめのサービス5選

デザイナーが副業の案件を受注するには、人に紹介してもらったり、ブログやSNSから依頼をもらったりとさまざま考えられます。しかし、最初は案件紹介のサービスを使うのが効率的ですので、おすすめのサービスを5つご紹介していきましょう。具体的なサービス名は以下のとおりです。


■クラウドワークス 


ランサーズ 


■@SOHO 


■ココナラ 


■_ist 


上記サービスについて、簡単に解説していきます。


まず、クラウドワークスやランサーズは、有名所の総合クラウドソーシングサービスです。幅広い案件数が常にあるのが魅力で、仕事の仕方もコンペや常駐など様々選べます。一方で、サービス存続のために報酬から手数料が引かれるのがデメリットです。


@SOHOもクラウドソーシングに似たサービスで、案件数は少ないもののクライアントとの直接契約が基本なので、手数料が引かれないメリットがあります。副業の案件をすでに抱えており、より良い案件を探したくなったら利用を検討しましょう。また、スキルや実績に自信が有るなら、公開してクライアントからのオファーを待つココナラにも登録するのがおすすめです。ただし、手数料が少々高めなので、価格設定を考える必要があります。


最新のサービスでおすすめしたいのは、_istです。ランサーズなどにおいて、はじめは20%以上の手数料が引かれるところ、_istでは10%からとなっています。本人確認や仮払いの制度も取り入れられていますので、安心して副業できます。


_ist 〈新しいクラウドソーシングサイト〉

デザイナーの副業案件を探すのにおすすめのサービス5選

まとめ

デザイナーに副業がおすすめできる理由やメリット、仕事をとるのにおすすめのサービスなどを紹介してきましたが、参考になったでしょうか?副業への関心が高まっている中、他のデザイナーよりも早めに始めて実績作りをしておくとよりメリットが高まります。ぜひ_istなどのサービスを利用して、副業に取り組んでみてください。

Written by 室井一誠
企業と個人を支援する複業家。大学院研究→商社マン→総合コンサル/Webライターという異色の経歴で身につけたスキルと経験から、マジメな個人の幸せを応援するメディア-Para-(https://para-ser-feliz.com)を運営中です。

PICK UP NEWS