在宅ワーク・自宅・内職

エンジニアが副業しないのは損!自宅で働けて稼げる副業を紹介

エンジニアのスキルを活かして副業をしたいと考えていませんか?大手企業での副業解禁や兼業への取り組みが増える中、多くの職業で副業がしやすくなってきています。中でもエンジニアのスキルを活かしてできる副業は、続けやすく稼ぎやすいです。エンジニアが副業をしないのは損とさえいえる環境ですので、おすすめの副業や仕事をとる方法を紹介していきます。

エンジニアが副業しないのは損!自宅で働けて稼げる副業を紹介

エンジニアが副業で稼げる2つの理由

最初にエンジニアが副業で稼げる理由を知って、損をしないようにしていきましょう。というのも、エンジニアは本来とても価値があるので、スキルを安売りするのはもったいないといえるからです。さっそくエンジニアが副業で稼げる理由を2つ紹介しますので、以下をご確認ください。


・国内のエンジニア不足


・仕事ができる時間と場所の自由度が高い


上記2点について、解説していきます。


まず、国内のエンジニア不足は深刻です。実際、経済産業省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査」によると、2020年には36.9万人が不足するとされています。したがって、エンジニアのスキルは貴重であり、本来はより高く売りやすいものなのです。企業でエンジニアをやっていると収入こそ安定しますが、月に1万円多く稼げるようにするのも難しいでしょう。エンジニアとして深い知見やスキルさえあれば、不足分を補おうと待遇を良くしている案件を獲得できるというわけです。


次に、エンジニアのスキルを活かしてできる副業は、時間と場所の融通がききやすい点について説明していきます。詳しくは後述しますが、エンジニアのスキルを活かした副業は、受注から納品までネットで完結できるものが多いのです。平日のスキマ時間や休日に自宅で副業に取り組めますので、高単価の案件を効率よくこなせて、コンスタントに稼いでいけます。働き方改革で、自由にできる時間が増えてきているなら、ぜひ副業を検討してみてください。


ここまで解説してきたとおり、エンジニアと副業は相性が良く、世の中での需要は増す一方です。とはいえ、副業をするメリットを十分理解していないと、実際に副業をするモチベーションが持てないことでしょう。そこで、稼げる以外にも複数ある、エンジニアが副業するメリットを次から解説していきます。

エンジニアが副業で稼げる2つの理由

エンジニアが副業をする4つのメリット

エンジニアが副業をする代表的なメリットは、以下の4つです。


・気軽に月数万円から、本格的に数十万円を稼げる


・エンジニアとしての実力が高まる


・転職などに役立つコネクションができる


・独立も視野に入れられる


まず、先にご紹介したとおり、エンジニアの副業は稼ぎやすく取り組みやすいので、お小遣い程度の金額を気軽に稼いだり、とことん年収を上げたりできます。仮に月に3万円程度の副業でも、年収に36万円も上乗せ可能です。会社員で年収を36万円上げるとなると、数年以上かかりますので、副業のメリットは大きいといえます。そして、兼業のように本格的に取り組んで、月収100万円以上を稼ぐ人もいるのが、エンジニアの副業の収益構造です。エンジニアはかなり稼ぎやすいスキル持ちだといえます。


また、単純に働いて収入を得る以外のメリットも副業にはあります。企業での仕事はどうしても1つや少数の技術に偏っていくので、専門性の確立には適していますが、スキルの幅を広げるのは難しいです。そこで、興味がある技術やプレゼンや記事執筆といった異なるスキルを身につけられる副業をすると、できる仕事の幅を広げられます。純粋にエンジニアとして、他社の開発スキームを知ったり、フレームワークやツールを知ったりするだけでも勤め先の企業で生産性を上げられるといった恩恵があるでしょう。もちろん、自分のスキルを磨いて、エンジニアとしてさらなるレベルアップも目指せます。


次に、コネクションができるのも副業のメリットです。築いたコネクションは、よりやりがいある仕事や良い待遇を求めて転職するときや独立を目指すときに役立ちます。また、リスクへの備えにもなるでしょう。というのも、エンジニアが不足しているといっても、国内で廃業する企業は増えているからです。実際、中小企業庁の調査によると、10年以内に国内で127万社が廃業すると考えられています。127万社というと、国内企業の3分の1相当。大手企業もM&Aされる可能性が、十分考えられる状況です。1つの企業や部署、仕事内容で働くのが難しくなってきていますので、副業で将来に備えておくのは、かしこい選択肢だといえるでしょう。


最後に、独立も可能にしてくれる副業のメリットを解説していきます。先に紹介したコネクションを築けるメリットや稼ぎやすいメリットから、実際に独立するエンジニアが多数いるのです。エンジニアの需要が高い実情が伺えます。また、独立すると最先端の技術やスキルを使わざるを得ませんから、転職市場での価値も高まり、再就職先にも困らないことでしょう。

エンジニアができるおすすめの副業

ここからはエンジニアができるおすすめの副業を紹介していきましょう。


・システム開発


・ホームページ制作・Webデザイン


・アプリ開発


・Webライター


・講師


開発系の副業はもちろん、エンジニアとしての知見を活かして記事を書いたり、講師として教えたりといった副業もできます。専門性が問われる分、単価は高い傾向にあるのがうれしいポイントです。オンライン以外の講師業は、時間と場所の自由が失われてしまいますが、その分報酬が良かったり、知名度を持ったりできます。もっとも、上記のような仕事を勤め先や取引先から得るのは難しいでしょう。そこで、エンジニアが副業の案件を得るのにおすすめの方法を紹介していきます。

エンジニアができるおすすめの副業

エンジニアが副業の仕事をとる方法

既存の知り合いのなどから仕事をもらっていても、高い報酬やコネクション形成といった副業のメリットは十分得られません。以下にエンジニアが副業の仕事を得るおすすめのサービスを紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。


・ランサーズやクラウドワークス、_istなどの総合クラウドソーシング


・CARRY MEやPROsheetなどの本格的な副業マッチングサイト


・CodeCampやTECHACADEMYなどの講師サービス


エンジニアの副業デビューに最適なのは、案件数が多い総合クラウドソーシングです。案件数が多いだけに、仕事や報酬内容はさまざまですが、クラウドソーシングのみで独立している人も大勢います。これからクラウドソーシングを活用するなら、最新サービスである_istがおすすめです。他のサービスと比べて手数料が半分でありつつ、安全性の高い取引が可能になっています。Webライターなどの仕事も獲得可能です。


クラウドソーシングで副業に慣れたら、本格的な副業も検討すると良いでしょう。兼業的な働き方にもなり得ますので、勤め先とのバランスが大事になりますが、仕事のやりがいと報酬はさらに向上します。また、講師をしてみたいなら、CodeCampなどの専門サービスがありますので、活用してみてください。


_ist 〈新しいクラウドソーシングサイト

まとめ

エンジニアと副業の相性がいい理由や副業をするメリット、エンジニアにおすすめの仕事内容を紹介しましたが、参考になったでしょうか?早めに副業を始めておくと、生涯年収や働き方の満足度などで、大きく得をする可能性があります。まずは実際に副業をしてみるのが一番ですので、ぜひ_istなどのサービスで、副業デビューをしてみてください。

Written by 室井一誠
企業と個人を支援する複業家。大学院研究→商社マン→総合コンサル/Webライターという異色の経歴で身につけたスキルと経験から、マジメな個人の幸せを応援するメディア-Para-を運営中です。

PICK UP NEWS