在宅ワーク・自宅・内職

Webデザインの副業はしないと損!効率的な仕事のとり方などを解説

Webデザインの副業について調べていませんか?
IT人材の不足が深刻な昨今、Webデザインの仕事は需要が高く、副業として取り組みやすい特徴もあります。

働き方改革が進む中、Webデザインのスキルがあるなら、今や副業に取り組まないのは個人と企業の両方にとって損といえる環境です。

そこで、仕事の種類や効率的な獲得方法などを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

Webデザインの副業はしないと損!効率的な仕事のとり方などを解説

Webデザインの副業をおすすめしたい3つの理由

ロゴやサイトデザインといったWebデザインのスキルを持っているなら、ぜひ副業をするメリットが3つあります。具体的なメリットは以下のとおりです。


・時間や場所の制約が少ない


・報酬が比較的高い


・勤め先でも活かせる経験やスキルが身につく


上記3点を1つずつ解説していきます。


 


仕事内容


まず、Webデザイン副業の仕事は、案件の受注から納品までネット上でおこなえます。したがって、時間と場所の融通がききやすいです。平日の夜やスキマ時間、休日の自宅で集中して仕事ができますので、無理なく続けやすい副業だといえます。副業を継続するにともない、クライアントにウケる実績も増えていき、さらなる高報酬や替えのきかない人材になって、より柔軟なスケジュール組みも可能になるでしょう。


報酬


次に、Webデザイン副業の報酬の高さについて紹介していきます。Webデザインの副業の単価は比較的高い部類に入るので、効率よく副収入を得られる環境です。というのも、法人が利益を上げる母体となるシステムや費用をかけてでも良いものにすべき会社の顔となるものを制作するケースが多いからです。


具体的な案件の種類は後述しますが、たとえばWebサイトの制作などは、代表的なWebデザインの副業といえます。そして、サイトのトップページのデザインをする場合、シンプルなものでも5万円程度が相場ですし、こったデザインや複雑な機能を持たせる場合は、10万円前後が相場です。


つまり、時給で働くアルバイトなどと比べると、稼ぎやすい収益構造になっているといえます。実際、本格的にWebデザイン副業に取り組んで、月に20万円以上を効率よく稼いでいるデザイナーや独立をはたすデザイナーも多いです。


仮に上記で紹介したシンプルなサイトを月に1件こなしても、年収に60万円がプラスされます。会社員が年収を60万円上げようともうと数年がかりになりますので、働きやすく稼ぎやすいWebデザイン副業をするメリットは大きなものです。働き方改革で自由な時間が増えていたり、時間の融通がきいたりするなら、Webデザインの副業にとりくんで、無理なく効率的に年収を上げみてはいかがでしょうか?


メリット


最後に、スキル面のメリットについても解説していきます。Webデザイン副業のメリットは、効率的に副収入を得られるだけではありません。勤め先でも役立つスキルが身について、生産性が上がったり、仕事の幅が増やせたりするのもWebデザイン副業の魅力なのです。


勤め先で取り組む仕事は、どうしても偏りがちですから、仕事の幅が狭まりがち。あらゆる業界でM&Aが進む国内では、最新の情報や技術に触れてスキルの陳腐化を防ぎたいところですし、スキルセットにも気を配らないといけません。


本業がデザイナーならWebデザインの副業で自分自身に足りないスキルを補ったり、より専門性を確立できたりするメリットがあります。デザイナー以外でも簡単なWebデザインや表現ができるようになれば活躍の幅は広がりますし、デザイナーとの仕事が円滑にできるようになるでしょう。


インターネット関連の業界はいまだ成長中です。Webデザインの需要も増していながら、人材の不足が進んでいますから、Webデザインのスキルは高く買ってもらえますし、やりたい仕事も選びやすい環境といえます。メリットが多いWebデザイン副業デビューをぜひ検討してみてください。

Webデザインの副業をおすすめしたい3つの理由

Webデザイン副業の仕事の種類

ここからは、Webデザイン副業の仕事の種類を紹介しますので、やりたい仕事や必要な仕事をみきわめる参考にしてください。具体的な仕事の種類は以下のとおりです。


・ロゴ・バナー制作


・Webサイトの制作・更新、コーディング


・各種デザイン


・Webライティング


・講師


上記の通り、純粋なWebデザイナーとしての仕事から、記事の執筆や講師といった仕事まで需要があるのが特徴です。次世代の働き手やWebデザイナーにキャリアチェンジする人、デザイナーとの連携が必要になった人の需要に、各種コンテンツで応えている形といえます。デザイナーとしてポートフォリオを充実させた場合もそうですが、ライターや講師の仕事ができると特に知名度が増して、効率的なセルフブランディングが可能です。セルフブランディングができれば、より良い待遇の案件や転職、独立が可能になってきますので、ぜひ必要な仕事を考えて、副業を始めてください。


もっとも、最初はどうすれば副業案件がとれるのか分からないことでしょう。そこで、効率的に副業の仕事を取る方法を次から紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

Webデザイン副業の仕事の種類

Webデザイン副業の仕事を効率的にとる方法

一口にWebデザインの仕事をとるといっても、手段はいろいろと考えられるので、最終的にクライアントから指名さえる状態を目指して、ステップ別に方法を紹介します。というのも、副業レベルで仕事をするにしろ、独立を目指すにしろ、クライアントから替えのきかない人材と見てもらい、指名されるのが最も効率的からです。というわけで、さっそくステップ別のおすすめの方法を紹介するので、以下をご覧ください。


1.ランサーズやクラウドワークス、_istなどのクラウドソーシング


2. BASEや@SOHO、ココナラなどで直契約


3.シューマツワーカーやレベテックフリーランスでの兼業


まずは案件数が多く、支払いのトラブルなどのリスクが低いクラウドソーシングの活用から始めるのがおすすめです。案件数が多いだけに、報酬や働き方は様々ですが、クラウドソーシング1本で独立している人はいますし、ポートフォリオを作っていくのに最適なサービスといえます。


これからクラウドソーシングを活用するなら、他よりも手数料が半分程度の最新サービス_istがおすすめです。


_ist〈新しいクラウドソーシングサイト〉


クラウドソーシングで副業になれ、実績もできたら、クライアントからの単発案件のオファーを狙ってみましょう。営業の手間を減らしたり、直接契約をしたりして収益アップを目指せます。ただし、クラウドソーシングと違って、トラブルになっときに間に入ってくれる人がいない点に注意してください。


勤め先とのバランスを取らなければいけませんが、よりやりがいある仕事やより良い待遇を求めるなら、兼業的な働き方やフリーランスを目指すのも良いでしょう。また、1つの企業や事業の寿命が社会人生活よりも短くなっている昨今、兼業や複業はリスクに備えた働き方ともいえます。独立した場合は、最新のスキルを磨き続けなければいけませんし、コネクションもできるので、高待遇での就職も視野に入るでしょう。

Webデザイン副業の仕事を効率的にとる方法

まとめ

Webデザイン副業がおすすめできる理由や仕事の種類、ステップ別の仕事の獲得方法などを紹介しましたが、参考になったでしょうか?


これからの時代、早めに副業を始めておくと、思った以上のリターンが得られる可能性は高いです。


ぜひ、_istなどのサービスで副業デビューをしてみてください。

Written by 室井一誠
企業と個人を支援する複業家。大学院研究→商社マン→総合コンサル/Webライターという異色の経歴で身につけたスキルと経験から、マジメな個人の幸せを応援するメディア-Para-を運営中です。

PICK UP NEWS