在宅ワーク・自宅・内職

在宅副業のおすすめ7選!会社員が無理なく稼げる副業を探そう

在宅でできる副業を探していませんか?

副業をするなら、本業に悪影響が出ないように続けられるのが一番ですから、在宅かつ自由な時間に取り組みたいものです。場所も時間も自由にできる副業は多くありませんが実際にあり、取り組んでいる人も大勢います。

そこで、在宅の副業の中でも、特に稼ぎやすく将来性もあるものを7つ紹介していきますので、ぜひ副業選びの参考にしてください。

在宅副業のおすすめ7選!会社員が無理なく稼げる副業を探そう

在宅可のおすすめ副業①動画編集

動画編集は今需要が高く、将来性も高い副業の1つです。


仕事の内容としては、テロップをつけたり不要な部分をカットしたりなどで、効果的な演出もつけられると、取れる仕事が多くなります。案件内容として多いのは、商品紹介やYouTube・SNS用、ウェディングムービーなどです。


なお、高性能なパソコンや動画編集ソフトが必要になるのがネックではありますが、スキルとして動画編集を身に着けておくと、なにかと役に立つと考えられます。というのも、企業や経営者、商品紹介用の動画は必須になってきていますし、YouTubeなどの動画投稿サイトの成長は、国内でも続くと予想されているからです。また、ネット回線が5Gになると、動画はより身近なコンテンツになってくると考えられます。


ちなみに、収入も比較的稼ぎやすく、時給制の案件なら1,500円前後。出来高制の案件なら、慣れてくると時給換算で3,000円以上も可能です。そして、仕事の受注から納品までがネット上で完結するので、都合の良い時間に上記の時給で働けるというお得な副業になっています。

在宅可のおすすめ副業①動画編集

在宅可のおすすめ副業②Webライター

Webライターは人気のある在宅副業です。


おすすめできるポイントは、なんといっても続けやすさであり、ノートパソコンが1台あれば、いつでもどこでも仕事ができます。


仕事内容としては、企業のサイトやアフィリエイトサイトに掲載する記事を執筆することで、文章で正確に伝える技術やセールスレターのスキルが磨けます。また、検索エンジンで上位表示させるSEOスキルは、他の副業でセルフブランディングをするためのサイトを持ったときにも活かせるので、つぶしがききます。


SEOはアフィリエイトやコンサルティングなどの副業にも活かせますので、Webライターの副業を起点として、さまざまな副業につなげられるのも魅力的です。


ただし、人気の副業だけあってライバルは多く、案件内容や報酬もバラツキがあります。もっとも、スキルを磨き、セルフブランディングにも成功したWebライターは、年収1,000万円以上も可能な収益構造になっているので、努力すれば見返りのある副業です。

在宅可のおすすめ副業②Webライター

在宅可のおすすめ副業③翻訳

翻訳も副業として案件が出回っています。翻訳する媒体は書籍や映像、Webサイトなど多岐にわたりますが、基本的にパソコンが1台あれば1人で仕事ができるので、在宅時や外出時にもできる副業です。


人口が減少している国内では、あらゆる業界で海外進出が始まっていますから、翻訳の副業で外国語のスキルを磨いておくと将来への備えになる可能性があります。もちろん、すでに外国の企業と仕事をしているなら、商談やプレゼン時に役立つでしょう。


そして、収入面も優れており、1文字あたり10円前後が相場になっています。したがって、外国語に強い人が翻訳の副業をすると、本業以上に稼げて独立する場合もあるのです。実際、専業の翻訳家だと、年収1,000万円以上の人もいます。ちなみに、英語よりもフランス語やイタリア語といった国内で多少マイナーな言語の方が、報酬は高い傾向にあり、ライバルも少ないです。

在宅可のおすすめ副業③翻訳

在宅可のおすすめ副業④Webマーケティング

Webマーケティングも在宅で大きく稼げる副業の1つになっています。


というのも、需要の高さから、ネット上にマッチングサービスが多くあり、仕事もSkypeなどで完結するからです。


一口にWebマーケティングの副業といっても、仕事の範囲は広いですが、コンサルティングやWebサイトのディレクターなどをするのが一般的です。参考までに、スポットのコンサルティングをおこなうと1~3万円程度が得られ、Webディレクターをすると月に20万円前後が副業で稼げます。


もちろん、Webマーケティングの専門的なスキルが必須となりますが、今後の需要が高いとされ、営業職をはじめとした多くの職種で役立つスキルです。新しくWebマーケティングのスキルを身につけるべく、勉強しながら実践もできるお得な副業といえるでしょう。

在宅可のおすすめ副業④Webマーケティング

在宅可のおすすめ副業⑤Webデザイン

企業のロゴやバナー、WebサイトのデザインなどをおこなうWebデザインは、定番の在宅副業です。


本業がWebデザイナーの人はもちろん、絵が得意な人やデザイン系の仕事にキャリアチェンジしたい人にもおすすめの在宅副業といえます。というのも、受けた仕事を成果として発表しやすく、副業として案件をこなせばこなすほど、独立や転職に有利なポートフォリオが充実していくからです。


またWebデザインのスキルがすでに熟達しているなら、講師や専門的な記事を執筆するライターとしての副業もできます。セルフブランディングに役立ちますので、やりがいのある仕事やより良い報酬の案件をとっていくのにおすすめです。


 

在宅可のおすすめ副業⑤Webデザイン

在宅可のおすすめ副業⑥音楽

趣味として楽しんでいる音楽を在宅の副業にできるのをご存知でしょうか?


ライブ配信は防音などの手間がかかる場合もありますが、簡単な作曲の仕事がネット上で受注できますし、楽曲販売のハードルも下がってきています。たとえば、スキル販売ショップなどに登録すれば、楽曲販売や演奏のオファーがくる可能性が出てきますし、クラウドソーシングを利用すればBGM作曲などの仕事がとれます。


また、仲間と音楽を楽しんでいるなら、先に紹介した動画編集の副業とあわせて、サイトを立ち上げてアピールしたり、YouTubeにアップしたりも可能です。楽しみが増す可能性もある副業なので、音楽を長年楽しんでいるならおすすめの副業といえます。

在宅可のおすすめ副業⑥音楽

在宅可のおすすめ副業⑦コンサルティング

特定ジャンルの専門知識や技術を活かして、個人や企業にアドバイスをするコンサルティングも在宅でおこなえる副業です。


コンサルティングは、専門分野への細分化が進んでおり、需要の高さも相まって、オンラインでのマッチングサービスが多く出てきています。週に数日在中したり、年間契約を結んだりといった本格的な案件もありますが、オンラインでおこなうスポットコンサルティングも多くあり、在宅での仕事が可能です。


また、コンサルティングというと、高度に専門化された仕事をイメージするかもしれませんが、実際には人よりも詳しい分野や優れた技術があれば、十分副業として取り組めます。


たとえば、営業経験があれば営業コンサルタントができますし、人事部にいるなら人材コンサルティングが可能です。報酬も場合によっては独立できるほどですので、個人や企業の力になりたいなら、ぜひ検討してほしいおすすめの在宅副業です。

在宅可のおすすめ副業⑦コンサルティング

まとめ

在宅でもできる副業の中でも特におすすめなものを7つ紹介しましたが、参考になったでしょうか?実際に紹介した副業を始めるなら、最初は案件数が多く、トラブル時には間に入ってくれるクラウドソーシングを活用するのが良いです。特に、_istは手数料が他のサービスの半分に抑えられていながら、仮払い制で安心もできます。ぜひ副業デビューに活用してみてください。


_istはこちら


 

Written by 室井一誠
企業と個人を支援する複業家。大学院研究→商社マン→総合コンサル/Webライターという異色の経歴で身につけたスキルと経験から、マジメな個人の幸せを応援するメディア-Para-(https://para-ser-feliz.com)を運営中です。

PICK UP NEWS