在宅ワーク・自宅・内職

アフィリエイトで稼げない人の共通点!稼げるようになるには?具体的な手順を解説

「アフィリエイトを始めたけど中々稼げない・・」
「アフィリエイトで稼げない人の共通点が知りたい」
という方向けに、この記事ではアフィリエイトで稼げない人の共通点を解説し、稼げるようになるにはどうすれば良いのか、具体的な手順を紹介しています。
アフィリエイトを始める方は非常に多いのですが、収益を上げられている方はそれほど多くありません。
それには稼げない人に共通する理由があるからなので、ぜひこの記事で解説する稼ぐための具体的な手順を確認してください。

アフィリエイトで稼げない人の共通点!稼げるようになるには?具体的な手順を解説

アフィリエイトで稼げない人の共通点

まずはアフィリエイトで稼げない人の共通点を解説します。


● 強豪の多いジャンルを選択している


● キーワード選定が間違っている


● 記事の質が低い


● セールスライティングができていない


● 記事の量が少ない


多くの方が上記の共通点があるので、当てはまっている方は、この記事を参考に改善してみてください。

アフィリエイトで稼げない人の共通点

競合の多いジャンルを選択している

稼げない人の多くは、アフィリエイトジャンル選びを間違えてしまっており、競合の多い案件を選んでしまっています。


アフィリエイトで稼ぐには、検索結果の上位に表示されなければならないので、競合の多いジャンルを選んでしまうと、上位表示が難しくなります。


競合の多いアフィリエイト案件としては次の通りです。


● 転職


● FX


● プログラミングスクール


● クレジットカード


など、高単価で稼ぎやすい案件ほど、競合も多くなります。 上記のような案件は、多くの企業が参入しており、専門家や知識が豊富な方によってクオリティの高い記事を執筆しています。


初心者の方が上記のようなジャンルを選んでも上示は非常に難しいので、絶対に避けるようにしましょう。

競合の多いジャンルを選択している

キーワード選定が間違っている

次にキーワード選定が間違っているために、稼げない方も多いです。


キーワード選定は、記事を上位表示させるために非常に重要なことで、キーワード選定を間違えてしまうと、どれだけ質の高い記事を執筆したとしても稼ぐことができません。


なぜなら、キーワードによって上位表示の難易度が異なるからです。


キーワードには月間検索回数の多く「家電」のようなビッグキーワードと、月間検索回数が少なく複数語の「家電 パソコン Mac」のようなロングテールキーワードがあります。


ブログのアクセス数を増やすには、ロングテールキーワードを選んで記事を執筆することが大切です。

キーワード選定が間違っている

記事の質が低い

稼げない方の共通点として、そもそもアフィリエイト記事の質が低い問題があります。


記事の質が低ければ当然上位表示できませんし、被リンクを集めることもできません。


また、広告やSNSからアクセスを増やすことができても、記事の質が低ければ成果が発生することはありません。


アフィリエイト記事ではユーザーの不安や問題点を解決して、離脱されることなく購入されないと成果が発生しないので、記事の質が低くユーザーに 検索し直されてしまいます。

記事の質が低い

セールスライティングができていない

記事の質が低いことに加えて、適切なセールスライティングを行えていないと、成果は発生しません。


セールスライティングはSEOライティングとは異なり、アフィリエイト広告の商品をユーザーに購入してもらうための文章です。


初心者の方は押し売り文になってしまうことが多く、ユーザーの購入意欲をむしろ下げてしまう可能性があります。


セールスライティングを習得するには、稼げているアフィリエイトブログの記事を読んで、共通点や自分の記事との相違点を探して分析することが大切です。

セールスライティングができていない

記事の量が少ない

最後に、そもそもの記事の量が少なければサイト内情報量が不足して、検索結果の上位に表示させることはできません。


アフィリエイト記事を上位表示させるには、質の良い記事を1つだけ執筆するのではなく、複数記事を執筆して、その商品やジャンルの情報を網羅することが大切です。


1記事だけ書かれたサイトと、30記事書かれているサイトでは上位表示される可能性が大きく異なるでしょう。

記事の量が少ない

アフィリエイトで稼げるようになるには

アフィリエイトで稼げない人の共通点を解説しました。


では、どうすれば稼げるようになるのか?具体的な手順を紹介します。


1.需要があり競合の少ないジャンルを探す


2.キーワード調査をする


3.上位記事を上回る質の高い記事を書く


4.PDCAを回す


初心者の方はこの4つのポイントに従って記事を執筆していくことが大切です。


アフィリエイトで稼ぐには、自己流の方法で挑戦するのではなく、多くの方が解説しているノウハウを参考にして、愚直に試してみてください。

需要があり競合の少ないジャンルを探す

まずは需要があり競合の少ない案件を探すことが何よりも大切です。


解説した通り、競合の多い案件を選んでしまうとライティング力があっても、中々稼げないので、初心者の方は競合の少ない案件を徹底的に探しましょう。


そのためにも、複数のASPに登録して、公開されている案件を調査して、競合が少なく単価の高い案件を探しましょう。


良い案件はたくさん見つかる訳ではありませんが、広い視野を持ってASPを隈なく探せば、参入者がまだ少ない案件を見つけることができるはずです。

需要があり競合の少ないジャンルを探す

キーワード調査をする

競合の少ない案件が見つかったら、次にキーワード調査を行います。


競合の少ない案件でも、全くのゼロということはありえないので、ビッグキーワードはすでに質の高いコンテンツで上位表示されてしまっているはずです。


なので、ロングテールキーワードかつ、見込み客の集客を行えるキーワードを調査して、記事を執筆することが大切です。 また、キーワード調査では、サイト構造を考えた上で記事数が多くなるように、複数ワードを収集しましょう。

キーワード調査をする

上位記事を上回る質の高い記事を書く

キーワード調査を行ったら、一度キーワードを検索して、検索結果の1ページ目に表示されている記事を全てチェックします。


そして上位に表示されている記事を上回る内容で、記事を執筆します。


これができていないと、せっかくキーワード調査を行っても、上位表示させることはできないので、上位記事を上回る内容が書けない場合は、別のキーワードで執筆してください。


基本的には上位記事に書かれている情報は最低限網羅するようにして、その上で不足する情報を追加します。


サイトドメインの強さや、サイト内情報量の違いから、質の高い記事を執筆できたとしても、すぐに上位表示はされないので、記事数が多くなるまで、上記の手順を継続してコンテンツを増やしていきましょう。

上位記事を上回る質の高い記事を書く

PDCAを回す

記事数が増えてきたら、検索結果を確認して、記事の順位を調べます。


また、他の記事の順位の変動も確認しながら、PDCAを回していきます。


記事は一度執筆しただけで、いきなり上位表示されることは珍しく、リライトを行わなければなりません。


リライトは記事内容を改善して、上位表示を狙う方法で、記事を執筆して検索結果に表示されたら、その結果を元に改善を行います。


質の高い記事を執筆し、検索結果を調べて、リライトする。 この作業を継続して行って上位表示を目指してみてください。

PDCAを回す

まとめ

今回はアフィリエイトで稼げない人の共通点と、稼ぐための手順を具体的に解説しました。


アフィリエイトで稼げない人には解説した通り多くの共通点があり、始め方から間違ってしまっています。


なので、共通点に当てはまっていた方は、この記事を参考に方法を修正して、再度チャレンジしてみてください。

Written by MASAKI
フリーランスWebライターとして日本中を旅しながら執筆中、ダイエット・投資・副業ジャンルの執筆が得意

PICK UP NEWS