在宅ワーク・自宅・内職

データ入力は初心者も在宅でできる! 仕事内容や働くメリットについて

「副業で在宅ワークを始めたいけれど、どんな仕事をやったらいいのかわからない」という方におすすめなのがデータ入力。
初心者向けの案件が多く、仕事をするにあたっては高度なスキルや資格は必要ありません。
今回は初心者向け在宅ワークとしておすすめなデータ入力の仕事内容や、働く上でのメリット・デメリットについてご紹介します。

データ入力は初心者も在宅でできる! 仕事内容や働くメリットについて

データ入力の仕事内容

それでは実際にデータ入力とはどのような仕事をするのでしょうか。ここではインターネット上で公開されている多くのデータ入力の仕事内容について解説していきます。

データ入力の仕事内容

パソコンでデータを入力

データ入力の仕事内容は、主に手書きや印字された情報、インターネットに掲載された情報などを入力していく仕事になります。


具体的には音声データを文章化したり、インターネット通販サイトの商品の情報を入力したりなどです。


それ以外にも顧客が指定しているお店や施設、商品などの情報をリスト化したり、企業が実施したアンケート調査の結果を集計したりといった業務もあります。

データ入力の報酬相場

そんなデータ入力の仕事ですが、報酬相場はいくらくらいになるのでしょうか。基本的にデータ入力業務の報酬は本人行った作業量に比例しています。


文字単価に換算すると、1文字0.1〜1円1件につき5〜100円程度の場合が多いです。また多くのデータ入力業務は時給で換算すると1,000円となります。


この他にも、案件によっては制限時間が設定されているところもあります。

データ入力に必要なもの

ではデータ入力業務にはどのようなものが必要なのでしょうか。


多くのサイトで募集されている在宅のデータ入力は、ノートパソコンさえあれば初心者でも気軽にスタートすることができます。使用するパソコンについてもオンラインゲームやプログラミング、動画編集といった高度な作業をしないので、低スペックのモデルでも問題ありません。


業務内容はあらかじめ指定されたフォーマットに文字や数字を入力していくだけなので、高度なパソコンスキルは必要としません。ですので、これからデータ入力を始めるのであれば最低限WordやExcel程度のオフィスソフトを使える程度でも大丈夫です。


また業務によっては住所や店舗名などをリストアップしていくこともあるので、コピー&ペーストもできるといいでしょう。

データ入力のメリット

データ入力業務にはさまざまなメリットがあり、副業として続けていくことで本業にも活かせるスキルを身に着けることができます。データ入力を通して得られるメリットは次の通り。

データ入力のメリット

未経験可の案件がほとんど

データ入力業務のほとんどは初心者の方でも気軽に応募することができます。ですので、これまで一般企業での勤務経験のない方やパソコンを使った仕事を経験されてない方でも始めるチャンスがあります。


またこれから事務職として仕事をしていきたいけれど、スキルを習得する機会が見つからないという方にもおすすめ。データ入力はオフィスワークに必要なスキルに直結しているので、案件をこなすことで職務経験を身につけることができます。


最初のうちは単純な文字データの入力作業や、店舗名や施設名のリストアップといった簡単な仕事からスタートしてみて、ある程度経験を積んだらアンケート調査の集計のような複雑な案件もやっていくといいでしょう。


 

クライアントとのやり取りが少ない

対面での業務ですと、悩んでしまうのが職場での人間関係。在宅でのデータ入力ならこうした面倒な人間関係を気にしなくて済みます


基本的にクライアントから業務を引き受けたら、後はそれをフォーマットに従って進めていくだけですので、作業中に逐一やり取りをすることはありません。


直接人と顔を合わせるのが苦手であったり、クライアントとのやり取りの多い仕事はしたくなかったりする方は、データ入力の仕事を検討してみるといいでしょう。

PCスキルがアップする

データ入力の仕事におけるメリットの一つとしてPCスキルを向上させられることが挙げられます。


膨大な数の文字を入力するにあたってはタイピングの速さが求められます。パソコンでの業務の経験がないと戸惑うことが多いですが、案件をこなしていくうちにタイピングの速度が速くなり、短時間でより多くの報酬を稼げるようになります。


また作業によってはExcelを頻繁に使用することもあるので、オフィスソフトの習熟度も次第に上がっていきます。

データ入力のデメリット

そんなデータ入力にはメリットがある一方で、デメリットも存在します。これらのデメリットを把握していないと、思ったよりも効率よくお金を稼ぐことができなくなります。

データ入力のデメリット

ノルマが厳しい

データ入力のような在宅ワークに限らず、初心者向け案件であっても一定のノルマが設けられています。データ入力の仕事であれば仕事を完了するまでの納期が設定されています。


また作業においては正しく情報が入力されているかという正確さや、文字や数字を速く打ち込んでいく作業スピードも重要視されます。


パソコンに慣れないうちはこうしたノルマを守った上で作業を行うのが難しいですが、経験を積むにつれてコツを掴むことができます。

目や肩が疲れやすい

パソコンを使った仕事ですので、作業をしているとどうしても目や肩を酷使してしまいます。特にデータ入力では細かい数字などのデータを見ることが多いので、眼精疲労になりやすいです。


この他キーボードやマウスを使用する頻度が多いとパソコン腱鞘炎という症状が起こり、手首や腰が痛むこともあります。


パソコン作業による疲れを防止する方法は適度に休憩を取ること。作業ごとに目標の入力文字数や時間を自分で決めておいて、それが達成したら休憩するようにするといいでしょう。


また最近では眼精疲労対策としてPC用のメガネレンズもありますので、仕事中に使用されることをおすすめします。

データ入力の仕事を始める上で必要なこと

これから在宅でデータ入力を新しく始める初心者の方に覚えておいておきたいことがいくつかあります。これらのことを理解しておけば、より多くの案件に着手していくことができます。

データ入力の仕事を始める上で必要なこと

クラウドソーシングサイトで探す

初心者が在宅のデータ入力業務を探すなら、クラウドソーシングサイトを活用するのが一番です。


クラウドワークスやランサーズといった大手のサイトには数多くのデータ入力業務の案件が掲載されていますので、簡単に仕事を見つけることができます。報酬のやり取りについてもサイト側が仲介してくれるので安心して利用できます。


またより多くの業務をこなしていくうちにクライアントからの評価が上がり、より高額な案件に取り組むことができるようになります。


_ist 〈新しいクラウドソーシングサイト〉

タイピングの練習をする

データ入力業務で稼ぐために重要なことはタイピングのスピードを上げること。


パソコンを使った作業の経験があまりなかったり、タイピングの速度に不安のある方は、タイピングの練習をしてみましょう。インターネットには無料でできるタイピング練習ソフトが公開されていて、ゲーム感覚で学ぶことができます。


初めのうちはきついかもしれませんが、練習を続けていくうちにスピードが上がっていきます。

まとめ

最近では数多くのクラウドソーシングサイトにて、初心者でも始められる在宅のデータ入力の案件が掲載されています。


ある程度のタイピングスキルが求められ、慣れないうちは稼ぎにくいこともありますが、仕事を続けていくうちに数多くの案件をこなせるようになっていきます。


さまざまな案件をこなしていって、効率よくお金を稼いでいきましょう。

Written by tamamu04
プログラマー兼ライター。金融から在宅ワークまで幅広いジャンルの記事を執筆。

PICK UP NEWS