在宅ワーク・自宅・内職

ライブ配信アプリで稼ぐ! 収益化のコツやおすすめアプリについて

コロナ渦ということがあって、最近では在宅ワークをされている方が増えています。

その中で自宅で気軽に稼ぐことができる仕事としてライブ配信アプリが注目されています。今回はそんなライブ配信アプリの仕組みや稼ぐコツ、おすすめの配信アプリについて解説していきます。

副業の一つとしてライブ配信アプリに興味のある方や収益化について知りたい方は、本記事を参考にしてみてくださいね。

ライブ配信アプリで稼ぐ! 収益化のコツやおすすめアプリについて

ライブ配信アプリで稼ぐ仕組み

そもそもライブ配信アプリで稼ぐとは、どのようにして行うものなのでしょうか。


ライブ配信アプリを活用したお金の稼ぎ方は複数あり、視聴していただいている方からの投げ銭やイベントへの参加など、多岐にわたります。複数の手段を活用することで効率よく稼ぐことができます。

ライブ配信アプリで稼ぐ仕組み

視聴者からの投げ銭

一般的な動画配信者の一番の収入源となるのが視聴してくださっている方からの投げ銭。代表的なものにはYouTubeのスーパーチャットがあります。


動画を視聴していて、その内容や配信者を気に入った場合は配信者に対してお金を寄付したり、アイテムを送ったりすることができます。


配信を行う動画の内容を工夫したり、視聴者にとって魅力的な配信者であり続けたりすることによって投げ銭をもらえる確率がグッとアップしていきます。

サブスクリプションサービス

ライブ配信アプリには定額制で視聴者の方が盛り上がれるシステムを導入しているところもあります。代表的なのはYouTubeのチャンネルメンバーシッププログラムツイキャスのオートチャージギフトなど。


これらの定額制サービスを利用することで、動画視聴者の専用コミュニティーに参加できたり、配信者が用意したオリジナルのスタンプなどを使うことが出来たりします。


投げ銭の身に頼りすぎるとなかなか収益が安定しないため、一定数以上の視聴者がいる場合はこうしたサービスを活用してみるといいでしょう。

イベントや企画への参加

動画配信アプリによっては期間限定でさまざまなイベントや企画が用意されている場合があります。その内容は実に多岐にわたり、企業のコマーシャルへの出演権優勝賞金が出るトーナメントなどがあります。


イベントによっては自由に参加できるものから、一主催側が提示した一定の条件を満たした人しか参加できないものまであります。もちろん、それなりに高い報酬を得るには難易度の高いイベントで実績を上げる必要があります。


ゲームを始め自分が好きなことや得意なことで勝負することができるのであれば、こうしたイベントに参加してみてもいいでしょう。

広告収入

ライブ配信アプリによっては広告収入によってお金を稼ぐことも可能です。代表的なものとして上げられることが多いのが、YouTubeやFacebookLiveでの広告


広告収入を得るためには配信アプリが提示している一定の条件を満たさなければなりませんが、それをクリアすることによって安定した収入を得ることが可能になります。


またもし広告収入を得られる基準を満たさなかったとしても、自分自身で営業活動を行うことによって企業から案件をもらうこともできます。

自作のグッズの販売

もしライブ配信アプリにて一定の視聴者数を獲得することが出来たら、自作のグッズを製作してみてもいいでしょう。最近では自作のかばんやぬいぐるみを作成して、ブログやインスタグラムなどにアップして注目を集めることが多いです。


大きなメリットとしては、趣味を仕事にすることができること。これといったノルマもないので気長に続けることができます。


ただし作製したグッズが思ったより人気が出ないと売れ残ってしまうこともあります。コアな視聴者を獲得するための工夫をしたり、自分でショップを運営するなどしていくことで収益に結びつけることができます。


 

ライブ配信アプリで稼ぐコツ

そんなライブ配信アプリですが、安定した収益を稼ぐためのコツがあります。初めのうちは慣れないことが多いかもしれませんが、配信を継続していくことで次第にコツを習得していけるようになります。

ライブ配信アプリで稼ぐコツ

定期的な配信を心掛ける

動画配信を行う上で一番大切なことは定期的に配信を行うこと。当たり前に聞こえるかもしれませんが、多くの人は継続していく作業で挫折していきます。


理想としては毎日行うことが望ましいですが、本職にてフルタイムで勤務されている方ですとなかなか時間を確保するのが難しいのが実情。そのため最低でも週3日以上はライブ配信をしていくといいでしょう。


決まった曜日と時間帯にライブ配信を行うことで視聴者が集まりやすくなります。

視聴者を大切にする

ライブ配信を続けていく上で欠かすことができないのが、参加してきくれた方へのリアクション。特に初見の視聴者はコアなファンにしていくためにも見逃さないようにしましょう。


視聴者の方の名前を読んであげることはもちろん、配信中に投げかけた質問や投げ銭に対してもきちんと回答ないしはお礼をしてあげることが大切です。


視聴者数が少ないうちはコメントが少ないことで悩まれるかもしれませんが、参加して下さった方に反応してあげることでファンをがっちり確認することができます。

他のライブ配信者を研究する

もし動画配信アプリを続けていてお金を稼ぐことができないと感じたら、他のライブ配信者を研究してみるといいでしょう。


配信者としてだけではなく、一視聴者としてライブ配信に参加することで自分が気づかなかった視点や考えを得ることができます。


配信しているジャンルの中で人気配信者のライブを参考にしてみて、自分とどこが違うのかをはっきりさせて置くことが肝心です。

おすすめのライブ配信アプリ3選

現在ではスマートフォンではさまざまな動画配信アプリが登場してきていて、どれを活用すればわからない方もいらっしゃるでしょう。ここでは数あるアプリの中から人気のあるものを3つに厳選。どのアプリも利用者数が多く、独自の強みを持っています。今のアプリでなかなか収益が得られない方も参考にしてみてください。

おすすめのライブ配信アプリ3選

17Live(イチナナ)

数多くあるライブ配信アプリでも特に素人の方が稼いでいると言われるアプリ。とりわけ人気の高い配信者になると月収で100万円を超えることもあります。


こちらでは成果報酬型を採用していて、視聴者の方からの投げ銭の額が増加することで収益が増えていきます。

BIGO LIVE

全世界で2億人以上の視聴者がいるライブ配信アプリ。国内でも数多くの配信者がいて、最近では人気のファッション雑誌で特集されたり、芸能人が参加したりなど話題性が高いです。


世界的に人気のあるアプリですので、英語の得意な方であれば英語でライブ配信してみるのもいいでしょう。

ふわっち

主に20~30代を中心に人気を集めているライブ配信アプリ。従来のニコ生のようなアンダーグラウンド的な雰囲気があることから注目されています。


このアプリの魅力は投げ銭の換金率が高いこと。こちらの換金率は50%と、一般的なライブ配信アプリの30~40%に比べて高めに設定されています。

まとめ

最近では数多くのライブ配信アプリが出てきていて、一般の方でも気軽に動画配信でお金を稼ぐことができるようになりました。


動画配信アプリで稼ぐ上で最も大切なことは継続していくこと。慣れない間はなかなか収益に結びつけるのは難しいですが、くり返していくことでコツを覚え、収入の柱にしていくことができます。


ライブ配信に少しでも興味を持たれた方は、本記事を参考にしてみて試しに動画を配信してみましょう。

Written by tamamu04
プログラマー兼ライター。金融から在宅ワークまで幅広いジャンルの記事を執筆。

PICK UP NEWS