ライティング・翻訳

ライターをするための基本スキルを磨くための方法

ライターとして、スキルアップをしていけば大きな収入になることがあります。しかしそのためにはいきなり難しいことをするのではなく、どんなライティングであっても必要なことを勉強していくべきです。逆にこれらをしっておけば、どれだけ難しい内容のライティングをしていても必要なことをご紹介します。

ライターをするための基本スキルを磨くための方法

ライターをする上で、ここを注意すれば収入へとつながる方法

ライターは初心者のうちはなかなか稼ぐことが難しく、小遣い程度と考えるべきでしょう。しかしライターを副業にすることで、スキルを磨くことによって、大きな収入へとつなげることができるのです。しかし大きな収入へとつなげるためには、基本的に覚えておいて欲しいスキルがいくつかあります。クライアントや、ターゲットとして読んで欲しい年齢層、掲示するサイトの内容などにより多少変わってくるところはありますが、共通する所も多くあります。ここでは、ライターとしてスキルアップをするための、基本的に覚えて欲しいスキルをご紹介します。

ライターをする上で、ここを注意すれば収入へとつながる方法

ニュースやWEBサイトを定期的にチェックする

ライターの仕事の多くに、その時期に起こっているニュースや流行っているものの執筆があります。そのため普段からニュースを見て新しい情報を確認にしておくと、それらの内容の執筆がしやすくなります。またライティングをする時は、色々なウェブサイトから情報を集めることが多くなります。その時に流行っているものいや多くの人が知りたい内容の執筆内容が多く、色々なウェブサイトを見ておくことで知識が頭に入るようになり、執筆がしやすくなるでしょう。

ニュースやWEBサイトを定期的にチェックする

クライアントのルールを守る

ライティングをする時に、クライアントがこれだけは守ってほしいというルールを提示してきます。文字数、納期、構成の仕方、ですますなどの字体など案件によっても様々です。いくら内容がしっかりとしていても、クライアントが求めるものでなければ、修正が必要となります。掲示するウェブサイトを読む年齢層によっても、文章の書き方が異なってくるのです。

クライアントのルールを守る

コピーは不可

どんな内容の案件であっても、他の誰かが書いたもの、ウェブサイトなどからコピーをするのはご法度です。仕事にならないだけでなく、その文章を書いた人から損害賠償で訴えられることがありますので、必ず自分の言葉で文章を書くようにしましょう。自分の言葉で執筆することがライティングで最も大切だといっても過言ではありません。

コピーは不可

二次使用禁止

他の人の文章をコピーするのはもちろん禁止ですが、自分で作った文章でも使いまわしはコピーをするのと同じで禁止となっています。また自分のホームページなどで同じ文章を使うのも禁止です。その案件が終わった時点で、その文章の権利は相手に譲ることになります。

二次使用禁止

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS