ライティング・翻訳

ライターとして文章能力以外に必要なこと

企業のウェブサイトを見ていてもわかるのですが、文章の内容だけではなく、図や写真などがあった方が読者にとってはわかりやすいですし、読んでくれる可能性が高くなります。そのため、画像の挿入やレイアウトなどができると、よりレベルの高いライターとして認められます。

ライターとして文章能力以外に必要なこと

文章以外に必要なもの

同じ文章でも、段落分け、文字の大きさ、タイトルの色を変えるなどの工夫をすることによって、読みやすさが大きく異なってきます。また文章内容にあった図や、表、写真があればさらに読者にとってはわかりやすいものになります。しかし他のサイトから引用することもできるのですが、自分でこれらを作成することができれば、クライアントからより重宝されますし単価アップへとつながります。ライターという名前ですが、実際には文章を書くだけではなく、読者にとって読みやすくなるようなあらゆる工夫が必要となるのです。

文章以外に必要なもの

画像を挿入する

多くのホームページなどのウェブサイト上では、文章の内容にあった写真が挿入されています。クライアントによって、スクリーンショットをして欲しい、フリー画像から探して欲しいなどと求めてくるものが違います。またサイズの調整や、写真の上にわかりやすく矢印を挿入するなど依頼されることができます。画像に関しての知識があると、よりクライアントは任せやすくなり単価もあがっていくことでしょう。

画像を挿入する

表やグラフをいれる

特に商品やサービスなどの比較の執筆をする場合、違いがすぐにわかるような表があると読者はさらに見やすくなります。そこでこのような表を作ることにより、クライアントの評価をあげることができます。表はエクセルなどでも簡単にできるので、是非身についておきたいスキルといえます。

表やグラフをいれる

文字の装飾をする

タイトルのフォントを変えたり、必要な部分の色を変えるなど文字に装飾をすることにより、読者にとってどこが大切なのかをわかりやすくすることができます。ワードやワードプレスなどクライアントが指定してくるものの、文字装飾の仕方を知っているとより案件を受けやすくなり、単価アップへともつながるのです。文字に入力だけだと、あとで依頼者が修正をする必要があるのですが、文字の修飾までできると依頼者の手間が減るためより案件を受けられる、もしくは単価アップへとつながることがあるのです。

文字の装飾をする

便利なツールを使う

文字カウントやスペルチェック、またワードであればすべての英数字を小文字にする機能などを使いこなせば、ミスが減り少しでも文章の質が高いものをクライアントに提出することができます。全てフリーで提供があるので、利用することをおすすめします。ちょっとしたチェックですが、クライアントの評価も高くなることでしょう。

便利なツールを使う

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS