ライティング・翻訳

5000文字の長文ライティングでも的確に言葉を届けるコツ

ある程度ライティングに慣れてくると、さらに文字数の多い仕事や専門的な知識を必要とする仕事が多くなります。今まで2000~3000文字で書いていた原稿も、5000~10000文字程度が平均になるかもしれません。そんなとき知識がなく勢いだけで書こうとすると、言いたいことが分割化されてしまい、結局何を伝えたいのか分からない記事が出来てしまうのです。今回は、5000文字のライティングでもしっかりと読者に要点が伝わる記事の作成方法を紹介します。

5000文字の長文ライティングでも的確に言葉を届けるコツ

5000字のライティングには根気と計画が必要?

5000字となると、簡単に書いてしまう人と完成までに苦労する人に分かれます。ただ、有益な情報だけを簡潔にまとめた5000文字というのは、かなりの情報量が必要。そこで大切になるのが、絶対書き上げるという根気と計画性。根気は誰でも作れますが、計画はその方法を知らないと時間がかかってしまい非効率的ですよね。

5000字のライティングには根気と計画が必要?

結論・理由・提案・まとめの4構成で枠をつくる

たいてい小論文を書くときに「起承転結」が大切だと習いましたよね。Webではその記事に読者が留まるという前提ではないので、結論を先に書く必要があります。その場合の順番は「結論、理由、提案、まとめ」の4つ。この4構成を軸に、文字量によって「結論、理由、提案」を繰り返すと、5000文字のライティングでも伝えたいことを届けやすくなります。

結論・理由・提案・まとめの4構成で枠をつくる

それぞれの文字数をなんとなく決めておく

「結論、理由、提案、まとめ」それぞれの文字数を、大まかに決めておくというのも1つの手。5000文字と聞くと不安になりますが、各200~500文字で繰り返すという意識で書くと、できそうだと感じませんか?

それぞれの文字数をなんとなく決めておく

文字数を気にせず書いてみる

テーマによって難しい場合もありますが、まずは書きたいことを誤字脱字気にせずに最後まで書き上げるという方法もあります。3000文字程度で1度書き上げると、自分の記事を読み返したときに「ここ分かりづらいから説明を入れよう」「もう少し分かりやすい言い回しに変えよう」というように、自分で校正することになります。書き直している間に誤字脱字もなくなり、2000文字程度増えているというような具合です。

文字数を気にせず書いてみる

適度に図表を用いる

5000文字の記事ともなると、適度に改行したり写真を入れても読みづらさが残ります。文章が多すぎて、読み手も読む気を失ってしまう可能性もあるのです。そんなときに言葉を届けつつ、視覚の休憩ポイントとなるのが「図表」。文章で書くと長文になりがちなことも図や表にするだけで、端的に見やすく伝わります。適度な余白が記事のバランスを保つというのも、図表のメリットなのです。

適度に図表を用いる

まとめ

5000文字のライティングは書く人だけでなく、読む人にも気遣う部分が多くなります。いかに情報を的確に読者に届けられるかということがポイントになるのが長文記事なので、ぜひそこに着目して記事作成してみてくださいね。

Written by ワタナベサヤカ
都立高校を卒業したのち、とある建築学科で主に設計、インテリアについて学ぶ。授業課題のなかで「自分のデザインを確実に相手へ伝える文章」に興味を持ち、構成や校正、画像選定などの実務経験を積みながら、ライティングスキルと共に成長中。

PICK UP NEWS