ライティング・翻訳

ライティングを上達させる方法4つ紹介します!

副業としてライターを始めても、書いてるうちにライティング力を上達させたいと、向上心が出てきていませんか?そう思ったときがライティングを上達させるコツです。

ライティングを上達させる方法4つ紹介します!

ライティングがなかなか上達しない人の共通点とは?

ライティングに慣れるともう少し文章力をあげていこうという向上心とともに、ライティング上達が思うように進まないという焦燥感からモチベーションがダウンしてしまいませんか?経験者である筆者が、そんなライターのためにライティング上達法を4つ紹介します!

ライティングがなかなか上達しない人の共通点とは?

①です/ます調の文章は間に体言止めをいれる

文章を書いていると、どうしても同じ言い回しや同じ語尾を用いることが多くなります。ただ読者からするとすべてが「~ます」で終わる文章は、読みにくさしかありません。そこで簡単に上達する方法としては「2~3行のですます文章の間に体言止めをいれる」ということ。つまり今の文章のように「~こと」や「単語」で終わるだけで、読みやすさは大きく変わります。

①です/ます調の文章は間に体言止めをいれる

②ひと通り書いてから添削する

上手に記事を書こうとするとどうしても頭の中で文章を考えながら、1回で書き終わろうとする人がいます。ベテランライターであれば簡単にこなしますが、初心者だと自負しているうちは、文字数や言い回しは考えずに書きたいことをとにかく書いてみましょう。後から添削すれば良いのです。焦らず、アウトプットから始めることがライティング上達の鍵となります。

②ひと通り書いてから添削する

③1人を対象にして文章を書く

これはみなさんという言い方を、あなたにしろと言っているわけではありません。記事を書くときに目の前の友人と話しているような感覚で、相手に伝われと思いながら書く記事は読者に伝わりやすくなるのです。1人でも多くの人に記事を読んでもらいたいと思うと、対象者を増やしたくなるかもしれません。ここは盲点なので、初心者のうちから気をつけておくべきです。

③1人を対象にして文章を書く

④好きな人のブログを転写してみる

個人的に1番おすすめなのが、転写です。これは好きな記事でも、好きなブロガーでも大丈夫。その筆者の文字間隔や言い回し、句読点のつける位置などを書きながら学ぶという方法。時間がかかり報酬にも直結しませんが、ライティング上達を目指すならぜひ試してみてくださいね。内容に惹きつけられる記事を転写すると、内容も頭に入り込むので楽しみながらできますよ。

④好きな人のブログを転写してみる

まとめ

今回はライティング方法を変えるよりも簡単で、時間があれば1人で出来るライティング上達法を中心に紹介しました。向上心やモチベーションを維持しながら、ライティングも上達させて収入アップを目指しましょう!

Written by ワタナベサヤカ
都立高校を卒業したのち、とある建築学科で主に設計、インテリアについて学ぶ。授業課題のなかで「自分のデザインを確実に相手へ伝える文章」に興味を持ち、構成や校正、画像選定などの実務経験を積みながら、ライティングスキルと共に成長中。

PICK UP NEWS