ライティング・翻訳

ライティング初心者のための基礎3選!

ライティング初心者で、記事を読みやすくする方法を知りたい!というあなたに、今回3つのライターノウハウをお伝えします。

ライティング初心者のための基礎3選!

ライターってそもそも何するの?

ライターって記事を執筆するだけじゃないの?と思われた方は、ぜひ下記の記事を見てみてください。

ライターとして文章能力以外に必要なこと

ライターは「画像挿入・選定」「表・グラフ作成」「文字装飾などの編集作業」「ツールでの校正作業」が必要な業種です。

ライターってそもそも何するの?

記事は構成で8割決まる

実はライターと言っても、文章作成には必要なことがたくさんあります。そのうちの1つで、その記事の指揮係となるのが「構成」。構成を作り終えた段階で、その記事は8割書き終わっているといっても過言ではありません。ただ、勘違いしてほしくないのは「作成時間≠質の良い記事」ということ。記事に大切なのはあくまでも時間の多さではなく、読みやすく伝わりやすい構成で書かれた文章です。
情報収集と整理に時間を割き、納得のいく構成をつくるように心がけてみてください。

記事は構成で8割決まる

タイトルは二度見させるものを

まず、読者があるキーワードを検索にかけたときに見るのは「タイトル」です。タイトルが分かりにくかったり、あるいはあやふやな表現である場合、記事は表示さえされません。タイトルには、なるべく目を引くようなキーワードを入れましょう。たとえば、「ライター 稼ぐ」で検索している人は、ライターの稼ぎ方や、実際にどれくらい稼げているかなどの具体的な数字を知りたくて検索するでしょう。その場合タイトルには、どれくらいの期間でどれだけ稼いだか(数字)、どんな方法で達成したのかという2点を含めます。

(例)ライター初心者が2か月で30万円超?私のライティング術をご紹介
ちなみに「無料」「限定公開」というワードもおすすめです。

タイトルは二度見させるものを

SEOを意識?最低限の対策法

方法があるのですが、今回は初心者が最低限やっておきたいSEO対策法をご紹介します。
・キーワードをタイトルや見出しに入れる
・文章は80~100字程度で改行する
・タイトルは30字程度におさめる
狙いたいキーワードをタイトルや見出しに含めていますか?重要キーワードは、なるべく文頭に配置しましょう。また文頭だけではなく、記事の半分までに多く使用することをおすすめします。
また、読みやすいページであることもSEO対策になると言われているため、文章は80~100字程度で改行しましょう。PCの場合、2行分程度を参考にしてください。
最後に、検索結果に表示されるタイトルの長さは大体30字程度ですので、タイトルの長さにも気をつけましょう。
不自然にキーワードを練り込んで字数オーバーするよりも、記事に何が書かれているのかを伝えられるタイトルが好ましいです。

SEOを意識?最低限の対策法

まとめ

ライターとして1歩歩みだしたあなたも、本気で稼ぐために勉強しているあなたも、この3つのノウハウをしっかりと意識して記事作成してみてください。それだけで、記事の質はぐんと向上するはずです。

Written by ワタナベサヤカ
都立高校を卒業したのち、とある建築学科で主に設計、インテリアについて学ぶ。授業課題のなかで「自分のデザインを確実に相手へ伝える文章」に興味を持ち、構成や校正、画像選定などの実務経験を積みながら、ライティングスキルと共に成長中。

PICK UP NEWS