ライティング・翻訳

ライティングに欠かせない?簡単テクニック4つを厳選してみた

ライティングで意識していることはありますか?文章能力があまりなくても、4つ意識しながら書くことで記事の質が上がるテクニックを、今回は4つご紹介します。

簡単なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

ライティングに欠かせない?簡単テクニック4つを厳選してみた

簡単テクニックでライティングはどう変わる?

簡単なテクニックとはいえ、その効果は絶大です。ほとんどのライターが気をつけている部分でもあるため、これから紹介する4つのテクニックを知っているだけで質の向上が感じられるのです。

文章を書く理由は「困っている読者に、適切なコンテンツを分かりやすく届けるため」ですよね。分かりにくい文章では、さらにユーザーを困惑させてしまうかもしれません。

この簡単なテクニックを習得するだけで、文字を追うことが苦手な方にも情報を届けることが可能となります。ではどのようなテクニックなのでしょうか?

簡単テクニックでライティングはどう変わる?

接続詞の多用は避ける

接続詞というのは、文章同士を繋げる言葉です。「だから」「しかし」「さらに」が、これに該当します。

接続詞を使用することは問題ないのですが、あまりにも多用しすぎると文章が読みづらくなります。接続詞の多用は避けるようにしましょう。

接続詞の多用は避ける

漢字は簡単なものだけでライティング!

ライターであれば知っておきたいのが、「難しい漢字はひらく」ということ。漢字をひらくというのは、常用されていない難しい漢字をひらがな(カタカナ)に直すことを意味します。

たとえば、「~の為」「開く」「薔薇」などが該当します。これらの漢字をひらく理由は、以下の通りです。

常用しない「為」
「ひらく」か「あく」か分からない「開く」
漢字を読めないこともある「薔薇」

漢字は中学生レベルのものを用いて、分かりやすい表現を使いましょう!

漢字は簡単なものだけでライティング!

同じ語尾には気を付けよう

もし自分の記事が感想文のように感じている人は、これが原因かもしれません。「~しました」「そして~しました」という語尾になっていませんか?

同じ語尾の文章を読んでいると、読者はだんだん情報の整理がつかなくなります。テンポの単調で読むことに飽きてしまい、ページを閉じるでしょう。

同じ語尾には気をつけましょう。

同じ語尾には気を付けよう

簡単なテーマに沿って1つの段落を仕上げよう

意外と忘れがちなのが、このテーマに沿うことです。

自分で構成から作成する記事の場合、見出しにその段落のテーマを入れているでしょう。ただ構成案が作成されており、執筆から始める場合は見出しのテーマから逸れやすいです。

段落を1つのテーマ範囲に設定して、そこから逸れないように意識しながら執筆してみてください。記事全体もしっかりとまとまりますよ。

簡単なテーマに沿って1つの段落を仕上げよう

まとめ

以上の4つのテクニックを意識しながら、まず1記事書いてみてください。書いた記事を見返すだけで、読みやすいと感じるはずです。

そしてこれらのテクニックは、文章を書き終えた後にチェックすることも可能です。自分の言葉で一気に書き上げ、そこから編集するライターも多いので試してみてください。

Written by ワタナベサヤカ
都立高校を卒業したのち、とある建築学科で主に設計、インテリアについて学ぶ。授業課題のなかで「自分のデザインを確実に相手へ伝える文章」に興味を持ち、構成や校正、画像選定などの実務経験を積みながら、ライティングスキルと共に成長中。

PICK UP NEWS