ライティング・翻訳

Webライターになるメリットとは?楽しく仕事しよう!

Webライターのメリットを知りたい!そんな声をよく聞くので、今回はWebライターになって自分が感じたことをお伝えしていきます。体験談のような記事になるので、Webライターの1人の感性を覗いてみてくださいね。

Webライターになるメリットとは?楽しく仕事しよう!

Webライターになると心が満たされやすい

Webライターになると、「自由」という言葉が真っ先に思いつきませんか?その通りで、実際に自由な時間が増えます。メリットはたくさんあるのです。

Webライターのメリットは以下で説明しますが、なによりも外の世界ではできて当たり前だと思われることをとても褒められます。対面でクライアントと接しないため、大きくコミュニケーションを取ろうとするのです。

結果的に心が満たされて、働きづらい人でも副業としても人気な職種として、Webライターが有名になりました。

Webライターになると心が満たされやすい

好きな場所・好きな時間に働ける

1番のメリットは、「好きな場所・好きな時間に働ける」です。人によって自由の概念はさまざまですが、時間に余裕があることはデメリットにはなりません。

実力主義の世界でもあるので、仕事が早い人であればその分お給料も上がります。体を休めるために温泉に行って湯冷めまで仕事するというような、フリーな生活スタイルが実現するのです。

好きな場所・好きな時間に働ける

自分のスキルが人の役に立つ!

自分にはこれといったスキルがないと考えてしまいがちですが、実はそんなことはありません。自分のスキルに気づいているか、気づいていないかの問題です。

Webライターは多くのジャンルに触れる機会が多く、そこで自分が当たり前に思っていたスキルが、実はすごいことであると発見しやすくなります。

さらに、それを文章という形でアウトプットするので自分にも身に付き、人の役にも立つのです。自己肯定感が低い方にぴったりですよ。

自分のスキルが人の役に立つ!

仲間ができる!

Webライターは個人での仕事が多い傾向があるため、どうしても孤独になりがちです。ただアプローチを変えてSNSなどを使ってみると、Webライターは意外と多くいるのです。

同じ媒体のWebライター、編集者、構成者、企画者など、1つの記事を作成するのに多くの人が協力しています。自分の周りにはいなくても、仲間ができるので孤独に感じることはライターを始めたころだけでしょう。

仲間ができる!

仕事に対して情熱が生まれた!

今まで時給、日給、月給で仕事していたみなさんがWebライターとして個人で仕事をした場合、「やりがい」や「仕事に対する情熱」に驚くかもしれません。

時間で拘束される仕事の場合は、さいあく何もしなくてもお給料をもらえますよね。また、仕事ができる人ほど仕事数が増え、お給料はそのままという効率の悪さが原因で、仕事への情熱は消えていきます。

Webライターのような個人での仕事は自分の結果につながるため、情熱を持っている方がほとんどなのです。

仕事に対して情熱が生まれた!

まとめ

Webライターになる人のバックグラウンドは多種多様です。ライターを始めようか悩んでいるのであれば、この記事を参考にして、楽しいと思ったことにフォーカスをあてていきましょう!

楽しくなければ、続きません。体と心と相談しながら進めてみてくださいね。

Written by ワタナベサヤカ
都立高校を卒業したのち、とある建築学科で主に設計、インテリアについて学ぶ。授業課題のなかで「自分のデザインを確実に相手へ伝える文章」に興味を持ち、構成や校正、画像選定などの実務経験を積みながら、ライティングスキルと共に成長中。

PICK UP NEWS