ライティング・翻訳

英語の翻訳をするにはどのくらいスキルが必要?

翻訳というと相当なレベルが必要なのではないかと考える人も多いでしょう。特に未経験の場合は、クライアントに英語スキルを証明しなければなりません。それでは英語の翻訳をする場合、英語力の目安はどれくらいなのか、どのような資格を持っていれば翻訳を受注することにつながるのかご紹介します。また翻訳に必要なものは語学スキルだけではなく、それぞれの案件の専門知識やリサーチ力、さらには日本語力も必要となります。

英語の翻訳をするにはどのくらいスキルが必要?

語学力

まず翻訳に必要なものは、原文の意味をしっかりとつかむため語学力です。これがないと始まりません。経験者であれば、これまで翻訳をしたものを提示できるが、未経験であればTOEICなどで英語スキルをアピールする方法があります。目安としては800点以上あるとよいでしょう。語学力には、単語力、読解力、文法力などが含まれているため、TOEICで高得点をとっていると、これらのスキルがある程度備わっていると考えられるからです。

語学力

専門知識とリサーチ力

それぞれの案件には専門知識がある程度ないと、語学力だけでは翻訳が難しいものがあります。たとえば、医療関連など他ではほとんど使わないような専門用語を使う分野があり、知識がないと内容をつかめないものがあるのです。さらに専門知識だけでは、100%おぎなうことができない場合はリサーチ力が必要となります。専門用語や難しい内容を、辞書やインターネットなどを使って補うことができるのです。完璧に原本を理解できる人は少ないと思うので、このリサーチ力は非常に大切なスキルとなります。またリサーチに時間がかかり過ぎていては、なかなか翻訳をすることができません。このため短時間でリサーチをする技術も必要となります。

専門知識とリサーチ力

翻訳力(日本語力)

翻訳にも色々な種類があり、例えば英訳をする場合、書かれている英語の内容がわかってもそれだけで翻訳が終わりというわけではありません。英語の知識や専門知識がない方のために、日本語で文章を作成する力が必要となります。日本人でなく、ネイティブに任せればよいと考える方がいらっしゃるのですが、日本人の翻訳家が必要なのはこの点です。このため、翻訳であっても、ライターのスキルが大切になるのです。また原本にある内容を伝えるだけでなく、日本人が文章から想像をしやすいような表現力も大切な要素となります。同じ内容であっても、読み手に伝わり方が変わってくるのです。

翻訳力(日本語力)

リスニング力

翻訳といっても、原本となるものが文章だけとは限らないのです。映像や音声などから、翻訳をする仕事をあります。この場合リスニング力が必要となります。このリスニングを使って的確に翻訳をできる人がまだまだ足りていないため、大きなキャリアアップになる可能性があります。

リスニング力

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS