ライティング・翻訳

初心者ライターにおすすめ!低単価で仕事受注をするメリットは?

低単価で仕事を受注すると稼げない、業界の単価が下がるなどといった悪いイメージですよね。ただ初心者ライターに限って、低単価での受注はメリットがあると言えるのです。ではなぜ低単価で受けると良いのか、その理由をお伝えします。

初心者ライターにおすすめ!低単価で仕事受注をするメリットは?

初心者ライターの単価が低い問題ってそこまで重要?

業界の単価が低くなることは、初心者ライターも避けるべき問題ではあります。ただ自分の仕事実績を上げるためにも、初心者ライターは低単価のほうがよいこともあるのです。

ライターの単価が低いと、多くの記事数をこなさなければ収入が低くなってしまいます。業界の単価が低くなってしまうと、安く発注されてしまい、ある程度の知名度や文章力がなければ仕事に繋がりにくくなることもあるのです。

初心者であるか、そうでないかで単価の相場は大きく異なりますが、基本的には初心者ライターの単価が低いということは問題ではないと思われます。低い単価で仕事を多く受注することで、修行にも実績にもなるのです。

初心者ライターの単価が低い問題ってそこまで重要?

低単価の報酬ってどれくらい?

初心者ライターの低単価がどのくらいなのでしょうか?あまりにも安請け合いしすぎると、仲介業者を通す場合、収入が大きく減る可能性があります。そこで今回は、「2,000文字以上で1,500円」くらいの相場を検討してみることをおすすめします。

Webライターにはあるあるの「文字単価」という1文字あたりの金額でいえば、0.5~0.8円程度での受注となります。

では具体的に、なぜ初心者ライターに低単価の仕事をおすすめするのか、その理由を挙げていきます。

低単価の報酬ってどれくらい?

受注のしやすさを中心に考える

まずクラウドソーシングサービスなどから仕事を受注することが多いと思いますが、この場合は実績が高い人ほど高単価で稼げます。そのため初心者ライターには、仕事を受注することがまず難関になる可能性も出てきてしまいます。

その反面、実績がある人は低単価の仕事を受注する可能性も低くなります。稼ぎたくても文章力がなければ仕事もありません。

そのため、まずは高単価ではなく記事受注率を上げること、あるいは実績数を増やすことに着目してサービス利用すると、低単価での仕事が受けやすくなるのです。

受注のしやすさを中心に考える

スキルアップの勉強時間でも報酬が受け取れる

基本的になにかを習得しようとするときにはお金がかかります。良くて、会社の研修などでしょうか?それでも無料で研修が受けられるということで、プラスになることはなかなかありませんよね。(※ここでは研修するだけで給料が発生するとは考えないものとします)

ただし、Webライターであれば実績と文章力のスキルアップの際にも収入が保障されるのです。低単価ではありますが、勉強中にその文章がお金になるとモチベーションも保てます。

スキルアップの勉強時間でも報酬が受け取れる

まとめ

低単価という響きからデメリットの面ばかりが主張されやすいのですが、初心者ライターにはおすすめとなります。

ライティング能力や稼ぐ能力が少ないうちは、高単価を受注しようとして心をすり減らさないことが大切です。自分ができる範囲で仕事を受けてみましょう。

ライターとして続けていく意思をしっかりと固めることのほうが、初心者には大切であることが多いです。

Written by ワタナベサヤカ
都立高校を卒業したのち、とある建築学科で主に設計、インテリアについて学ぶ。授業課題のなかで「自分のデザインを確実に相手へ伝える文章」に興味を持ち、構成や校正、画像選定などの実務経験を積みながら、ライティングスキルと共に成長中。

PICK UP NEWS