ライティング・翻訳

【SEOライティング】記事にキーワードを入れすぎると逆効果になる理由

ライターとして仕事を受注していると、基本的にクライアントからは「このキーワードを記事内に入れてください」とお願いされることが多くなります。その意図としては、やはり検索されやすいキーワードを入れておけば、記事が検索で上位表示されやすくなるからです。しかしこのキーワードを意識したSEOライティングですが、実は初心者はこのキーワードを入れすぎることで記事作成を失敗しやすいと言われています。

【SEOライティング】記事にキーワードを入れすぎると逆効果になる理由

キーワードを入れれば良いという簡単な話ではない!?

SEOライティングは奥が深いです。「これが今回のキーワードか、たくさん入れておけば上位表示もされやすくなるだろうから、入れられるところには盛り込んでおこう」と思いがちなライティング初心者は多いですが、実はお伝えしたようにSEOライティングはそこまで簡単な話ではないのです。むしろキーワードの入れすぎはかえって逆効果になる場合も多く、SEOライティングの基礎を知るなら、まずは「入れすぎ」を避けるところから始めていきましょう。

キーワードを入れれば良いという簡単な話ではない!?

キーワード尽くしなら検索で上位表示されるわけではない

まずそもそも、キーワードをとにかく意識して記事を作成すれば、どんな記事でも上位表示されやすくなってしまいますよね。確かにそのような時代も過去にはありましたが、現在のSEOはキーワードよりも記事の中身に重きが置かれています。キーワードがなければ検索に引っかかる足掛かりにもならないのは事実ですが、上位表示されるかどうかは、内容の深さや読みやすさ、サイトのドメインパワーなど、もっと総合的なものが関わってくるのです。

キーワード尽くしなら検索で上位表示されるわけではない

キーワードばかりの記事は不自然な文章になりやすい

変に同じキーワードばかりをちりばめた文章は、文章としてそもそも不自然なものになりやすいです。「この文章、同じことばっかり言ってて読みづらいな…」と読み手は感じてしまうことでしょう。つまり、上でお伝えしたような「読みやすさ」を一切考慮していない記事になってしまうため、上位表示もされにくくなります。

キーワードばかりの記事は不自然な文章になりやすい

コピペ率も上がってしまうかも…

実際にコピペはしていなかったとしても、同じようなキーワードが記事の中に何回も出てくると、自然と他の記事と一致する部分が多くなってきてしまいます。すると「既にある記事と似通っている」という低評価を受けてしまい、これも上位表示されにくくなる理由につながります。

コピペ率も上がってしまうかも…

良い記事を書くならキーワードの入れすぎには注意

確かにSEOライティングをするうえでキーワードはしっかり意識しなければいけない要素になりますが、キーワードの入れすぎには注意したいところです。実はキーワードについてはとにかくたくさん入れれば良いというわけではなく、不自然でない程度に入れることを意識することが大切なのです。そして、競合記事にはないような情報を盛り込んで読みやすい記事を書くこと、そのことについてもっと意識を高めていきましょう。

良い記事を書くならキーワードの入れすぎには注意

まとめ

ライティングをある程度こなしてくると、キーワードを意識しながら書けるようにもなってくるものです。しかしその時注意しておきたいのは、キーワードを入れすぎないこと。SEOライティングでは、読みやすさや情報の深さ、オリジナリティなどがもっと大切な要素となってくるのです。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS