ライティング・翻訳

【副業ライター必見】短時間で集中してライティングをするコツ

副業でライターの仕事をする人にとって、短い時間でいかに集中してライティングをするか…ということは永遠の課題なのではないでしょうか。

仕事が休みの土日、もしくは仕事帰りの夜、子育てや家事の合間など、副業ライターにとってライティング時間は限られています。

そこで今回は、短時間で集中してライティングをするコツをご紹介していきます。

【副業ライター必見】短時間で集中してライティングをするコツ

副業ライターは短時間でライティングを集中してこなしていこう

副業ライターにとって、時間は長く使えるものではありません。

短時間で集中して仕事を終えることができれば、また別の仕事を受注する余裕ができ、副収入はさらに増えるかもしれません。

もしくは、疲れた体を休める時間に充てることももちろんできるはずです。


ダラダラと仕事をこなすことはとても非効率的で、集中力も持たない分、文章も支離滅裂なものになりがちです。

効率よく仕事をこなしていくためにも、短時間で集中できるすべはしっかりと身につけておきましょう。

副業ライターは短時間でライティングを集中してこなしていこう

その日のスケジュールと目標を立てる

まずはその日のスケジュールと目標を立てるところからです。

「今日は3000字の記事を1本こなそう」と思ったら、何時から始めて、どれくらいの時間で終わらせる予定なのかを明らかにすることです。

しかしこの時、明らかに自分の能力を超えるような時間設定をしないようにしましょう。

自分が集中して叩き出せる時間を冷静に判断し、目標を設定していくことが大切です。

その日のスケジュールと目標を立てる

「明日もある」ではなく「今日終わらせる」意識を

ライティングは、基本的に納期が来るまでの進捗管理は自分でしなければいけません。

すぐそばで上司が見ているわけでも、タイムカードで給料が発生しているわけでもないのです。

だからこそ、「明日もある」という気持ちのゆるみは、非効率的な作業につながっていってしまいます。
自分で進捗管理をしなければいけない仕事だからこそ、「今日終わらせる」という意識は高く持っていなければいけないのです。

そうでなければ、短時間で集中してライティングをこなすことは難しくなります。

「明日もある」ではなく「今日終わらせる」意識を

時間を強く意識しよう

執筆中も、時間を強く意識することを心がけてください。

30分ごとにタイマーをセットして時間を意識するタイミングを作る、1時間ちょうどで止まるくらいの音楽をかけながら執筆をするなど、「今どれくらい経ったかな?」と自然と思えることが、ダラダラと時間を無駄にしないことにつながっていきます。

時間を強く意識しよう

時短のためのツールを活用しよう

「この表現どうしよう…」と悩んで時間を無駄にするくらいなら、時短できるツールは積極的に使った方が良いでしょう。

例えばライターにとってタイトル作成はよく悩むポイントです。

「コピーメカ」「ぽいっとキャッチコピー」などといったタイトル案を自動で作成してくれるサイトは、タイトル作りに悩んだときにとても便利です。
ぜひ使ってみましょう。

時短のためのツールを活用しよう

まとめ

副業のライティングは時間や効率こそが命です。

ダラダラと作業をこなして「こんな時間をかけたのに、これしか稼げなかった…」なんて状況に陥らないためにも、自分なりの時短術・集中するコツは身につけておきたいところですね。

Written by CHOCO*MINT
フリーランスのWEBライターとして執筆活動をしつつ、細々とイラストと漫画もかじっています。書くことも描くことも時間を忘れて夢中になれることです。

PICK UP NEWS