ライティング・翻訳

副業ライターと相性抜群なポモドーロテクニックとは

「ライターは副業に最適」このように言われることが多いですが、実際に正しい努力をすれば稼げるようになります。
とはいえ「集中力がもたない」と悩む人が多いのも事実です。

そこでこの記事では副業ライターに役立つ「ポモドーロテクニック」を、実際に副業ライターで稼いでいた私がご紹介します。2分程度で読み終えるうえに、驚くほど集中力がアップするはずですよ。

副業ライターと相性抜群なポモドーロテクニックとは

集中力を爆発的に上げる!ポモドーロテクニックとは?

ポモドーロテクニックは世界的に人気を集める時間管理術の1つです。
イタリアの起業家であるフランチェスコ・シリロによって生み出され、爆発的な集中力が発揮できると話題になりました。日本でもメンタリストのDaiGoが紹介してから、知名度がぐっと上がりましたね。

ポモドーロテクニックのやり方はとても簡単。次の4ステップで時間を管理します。

① 25分間集中作業
② 5分間休憩
③ ①と②を4セット繰り返す
④ 15分~30分間の休憩


はじめにタイマーで25分間を測ると同時に、集中的に作業します。25分間経ったら5分間休憩してください。ここまでを1セットとし、4セット繰り返したら15分~30分程度の休憩をしましょう。

以上の流れを何度も繰り返していくのがポモドーロテクニックです。

休憩せずに長時間執筆するよりも、集中できると日本も話題を集めています。その理由は「絶妙な時間配分」です。
集中作業を行って25分経つ頃は集中力がとても高まっている状況です。

中途半端なタイミングで強制的に5分間の休憩をとることで「物足りなさ」を実感します。すると結果的に集中力が持続し、生産性がアップするといわれているのです。

次の項目では、ポモドーロテクニックがライターと相性抜群な理由をご紹介します。

集中力を爆発的に上げる!ポモドーロテクニックとは?

副業ライターとポモドーロテクニックが相性抜群なワケ

ポモドーロテクニックはさまざまなビジネスマンが実践する方法ですが、WEBライターとも相性抜群。なかでも「副業ライター」にはぴったりなテクニックです。理由は2つあります。

1つ目は「短い時間で成果をあげなければいけない」から。

効率的に稼ぐためには「短時間でどれだけ高品質な文章を書きあげるか」が重要なポイントになってきます。特に副業の場合はライティングできる時間も限られていますから、なおさらです。

どれだけ素晴らしい文章が思いついても、集中できずに書くことができなかったら納品できません。2000字の記事を1時間で書きあげるのと、5時間で書きあげるのでは明らかに作業効率が変わるはずです。

ですので、25分という短時間に集中するポモドーロテクニックは、副業ライターにぴったりなテクニックなのです。


2つ目の理由は「挫折を防げる」からです。

副業でライティングをはじめると、誰しもが最初につまずくのが「大量の文字が書けない」こと。
文章を書く仕事をしている人でない限り、2000字~3000字の文章を書くのは簡単ではありませんからね。いざ書こうと思っても、途中で集中力が切れて10時間以上かかることも多いです。

その点、作業時間を25分で分割できるポモドーロテクニックはオススメ。「25分間で500文字」というように目標を細かく分ければ、文章を書くハードルは下がりますよね。挫折を防ぐためにもポモドーロテクニックは有効なのです。

副業ライターとポモドーロテクニックが相性抜群なワケ

元副業ライター直伝!ポモドーロテクニックのコツ

ライティングでポモドーロテクニックをするときのコツは次の2つ。

・作業量を正しく見積もること
・時間をきっちり守ること


副業ライターがポモドーロテクニックを行うときには「1セットでどれだけの作業ができるか」を見積もることが大切。
自分がこなせる作業量を把握していないと、だらだらと何セットも繰り返してしまう可能性があるからです。

なかなか書けなくても「次のセットでやればいいか」と後回しにしてしまうことも少なくありません。

ですので「500字書く」「見出し1つ分書く」といったように、開始前にしっかりと準備しておきましょう。現
実的に自分が「できる」と思う量を考え、それ以上の成果を出せるように努力します。目標を立てることで、モチベーションアップにも繋がりますからね。


2つ目の理由は「時間をきっちり守ること」。

「25分集中5分休憩」のリズムをキープしないと、結果的に集中力が切れてしまう恐れがあるからです。
実際に時間を測って書いてみると、25分間があっという間に終わってしまうはずです。キリが悪い箇所でタイムアップになってしまうことも少なくありません。

ですが、続けて書きたい気持ちはおさえてキーボードから手を離しましょう。

「もう少し書きたい」という気持ちこそが、次のセットへのやる気を高めてくれます。結果的に集中力が保たれて短時間で書きあげられるので、時間をきっちり守って作業しましょう。

次は実際に副業ライターがポモドーロテクニックを実践するにあたり、準備すべきことをご紹介します。

元副業ライター直伝!ポモドーロテクニックのコツ

ライターがポモドーロテクニックをする際に必要な準備

ライターがポモドーロテクニックを実践するためにするべき大切な準備は「記事構成を考えておく」こと。

構成を事前に決めておくと「1セットあたりにこなせる量」「何セットで終わらせられるか」が判断できるからです。
リサーチで1セット、見出し1つ分で1セットといったイメージですね。構成は記事の「地図」といっても過言ではありません。

あらかじめ決めておくと全体像を把握しながら書けるので、スラスラと文章が頭から出てくるはずですよ。

作業時間を正しく見積もることにも繋がり、よりポモドーロテクニックの効果を高めてくれます。

ライターがポモドーロテクニックをする際に必要な準備

タイマーだけは必要不可欠!ポモドーロテクニックに必要な持ち物

ライターがポモドーロテクニックを実践するために、必ず必要なのが「タイマー」。

25分間の集中作業と5分間の休憩を、正しく測るためです。
25分にタイマーをセットしたあとは、黙々とパソコンに向き合いましょう。

タイマーのなかでも最もオススメなのが「キッチンタイマー」です。
残り時間を正しく把握できるうえに、終了したら音で知らせてくれますからね。掛け時計などで測ると、知らないうちに25分経っていたということも少なくありません。

スマートフォンのタイマー機能でも問題ないですが、途中でスマートフォンの誘惑に負けて触ってしまうという声も多いです。ですので、最もシンプルなキッチンタイマーで時間を測るのがオススメです。

タイマーだけは必要不可欠!ポモドーロテクニックに必要な持ち物

まとめ

ポモドーロテクニックは「25分集中作業5分休憩」を繰り返す時間管理術。

日本でも効果を実感する声が多く、人気を集めているテクニックです。
「短時間で最大の効果を出せる」ため、作業時間の限られる副業ライターと相性抜群。

正しい方法で行えば、時間をかけずに質の高い文章が書きあげられるはずですよ。

「副業でライターをはじめたけど集中できない」「長文の執筆に挫折しそう」という方はぜひ実践してみてください。驚くほど集中力がアップして、スラスラと文章が書けるはずですよ。

Written by 川島ヒロヒト
キャリアライター。都内文具メーカーで法人営業を経て独立。イベント登壇経験あり。
Twitter:hiro_kwsm Blog:hirokwsm.com

PICK UP NEWS