ライティング・翻訳

日本人でも翻訳はできるの?

翻訳業は、ネイティブの方には敵わないとお考えの方が多いでしょう。確かに現地の言葉やニュアンスをつかむだけだと、ネイティブに勝てることはないでしょう。しかし翻訳とは、日本語に訳して執筆する必要があるため、日本語力も求められるのです。この点で日本人でも翻訳家として活躍している人は多くいます。

日本人でも翻訳はできるの?

日本語力が必要

翻訳の仕事頑張る時、日本人でもできるかどうか心配な方もいらっしゃるでしょう。確かに英語力だけだとネイティブスピーカーにはかないません。しかし英語から日本語、 また日本語から英語にするためには日本語の読解力や文章力、理解力が必要となります。日本語が得意な外国の方もいらっしゃいますが、日本人ならではのニュアンスや伝え方は日本人でないと難しい点があります。直訳ができても、翻訳ができるとは限りません。英訳をする場合は英語の内容を理解するだけではなく、日本語で相手に伝えることが必要です。

日本語力が必要

日本人に伝えるために

日本人に伝えるためには、日本語を書く力が必要となります。どれだけしっかりと訳せていても、日本語の文章がおかしければ意味がありません。その意味では翻訳をする人も、ライターの勉強をすることは大切です。ライターの延長で、他の言語もできる人が翻訳をできると考えても過言ではないでしょう。文化も言葉も違う人に、できるだけ作者の言いたいことを伝えるのは容易ではありません。しかし多言語を勉強してきた人であれば、その大変さを知り、多言語を知らない人にはどうしたら伝わりやすくなるのかわかるため、工夫することができるのです。

日本人に伝えるために

日本人の感覚

それぞれの国には文化があり、言葉のニュアンスも国によって異なってきます。また外国では当たり前と思っていることでも、日本ではよくないとされることもあるのです。日本人に読んでもらうためには、そういった日本人が感じるニュアンスを持っていないと、なかなか読者に読んでもらうことが出来ないものもあります。日本人は直接的な言い方をせず、オブラートにつつんだような言い方をすることがあります。これを知らないと、読者に読んでもらえないどころか反感を得てしまうこともあります。

日本人の感覚

日本と外国の両方良いところを伝える

日本に読んでもらうために、日本語力や日本人が持つ感覚を知ることは大切なのですが、しかしもともとの文章が伝わらなくては意味がありません。こういった意味では、外国の言葉だけでなく文化をしり、それを日本人にもわかりやすい表現で伝えることが、翻訳では必要とされます。そのため日本人にとっても、活躍の場があるのです。自分がどうのように英語を勉強してきたのか、どのような事を伝えたら内容を変えずに読者に伝えればよいのかをわかるようになります。これは他の言語を勉強している日本人だからこそ、わかる感覚でもあるのです。

日本と外国の両方良いところを伝える

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

KETWORD

PICK UP NEWS