ライティング・翻訳

初心者ライター必見!導入文の簡単な書き方

「導入文の書き出しに困ってしまう…」
「記事の冒頭部分でいつも手が止まってしまう…」

こんなお悩みはありませんか?
記事の本文より、書くべき内容のハッキリしていない導入文の書き出しに苦戦してしまう、
というライターの方も以外に多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「導入文の簡単な書き方」について紹介していきますね。
導入文が苦手!という初心者ライターの人は、ぜひ参考にしてみてください。

初心者ライター必見!導入文の簡単な書き方

導入文で伝えるべきことは三つ

結論から話すと、導入文で伝えるべきことは以下の三つです。


・①:問題の提起


・②:問題への理解


・③:解決法の提示


それぞれ、①で読者の抱える問題を明確にして、②で問題への理解を示して、③で問題の解決法を提示する流れになります。なぜ、この三つなのか?というと「自分の求めている情報がこの記事にはありそうだな…」と読者に感じてもらうためです。基本的に読者は本文を読んでくれないものです。自分にとって「有益な情報を得られない」と感じたら、スグに離脱してしまいます。そのため、上記三つのポイントを押さえて、「読者の共感を得る」ことで、本文まで目を通してもらえるように誘導するのが目的です。

導入文で伝えるべきことは三つ

導入文のテンプレート

導入文で伝えるべきことは三つです!と言われたものの、「実際にどんな書き方をすればいいの?」と疑問に思われた方も中にはいるんじゃないでしょうか。それについては、この記事の導入文を参考にしてみてください。


・問題の提起①:「導入文の書き出しに困ってしまう…」「記事の冒頭部分でいつも手が止まってしまう…」


・問題への理解②:記事の本文より、導入文の書き出しに苦戦してしまう、というライターの方も以外に多いのではないでしょうか。


・解決法の提示③:そこで、この記事では「導入文の簡単な書き方」について紹介していきますね。


このような感じで、大まかに三つのブロックに分けて、導入文を書いています。自分の執筆する記事のテーマに合わせて、「」の中身や内容を変更して書いてみてください。①から③までを埋め終わったら、あとは導入文に上から順番に並べていくだけです。"


 

導入文のテンプレート

導入文は読者への理解から始まる

ここまでの話で、察しのいい人は既に気付いているかもしれませんが、導入文は「読者の状況を理解する」ことから始まります。


というのも、導入文は「①問題の提起」「②問題への理解」「③解決法の提示」の三つの要素から出来ているという話をしましたが、①の問題の提起なしでは、②も③も成り立たないからです実際の人間関係と同じで、相手が「何について悩んでいるのか?」を把握していないと、悩みに共感してあげたり、解決策を提案してあげることもできませんよね。そのため、導入文をスラスラ書くには、読者の問題を把握するところから始めましょう。

導入文は読者への理解から始まる

読者の悩みはキーワードから掴もう!

導入文を書くには、読者の問題を把握しましょう!という話をしました。でも、今度は「どうやって読者の問題を理解するの?」という疑問が湧いてきたはずです。顔も見えない相手の悩みを把握するなんて無理なんじゃ?なんて思ってしまうのも当然ですよね。


結論をいうと、読者の悩みはキーワードから掴みましょう。読者の抱えている悩みは、検索キーワードからある程度は読み取ることが可能です。例えば、「導入文の書き方が分からない…」という悩みを抱えている人は、Googleの検索窓に「導入文 書き方」と入力するだろう、という想像は付きますよね。このように読者の悩みは、検索キーワードから逆算して考えることで、ある程度把握することができます。そして、読者の状況が見えてきたら、それをベースにして導入文を作っていきましょう。

読者の悩みはキーワードから掴もう!

導入文は短く簡潔に書こう

導入文を書くときのコツとしては、「短く簡潔に書く」ことです。理由としては、冒頭文が冗長すぎると、読者が文章に飽きてしまうからです。普段の会話でも、前置きの長すぎる話に、苦痛を感じてしまうことはないでしょうか?「はやく本題を教えて!」という本心を押さえながらも、ニコニコと頑張って相手の話を聞いたという経験のある人もなかにはいるはずです。文章もそれと同じで、前置きが長すぎると、読者は苦痛に感じてしまいます。シンプルに「①問題の提起」「②問題への理解」「③解決法の提示」が終わったら、スムーズに本文に誘導しましょう。導入文も大事ですが、あくまでメインは本文です。

導入文は短く簡潔に書こう

最初は上手い人の真似から始めてみよう!

ここまで、導入文を簡単に書くためのコツについて話してきました。でも、「なんか難しくてよく分からない…」と感じてしまった人も、なかにはいるんじゃないでしょうか。そんな場合、最初は他人の真似から始めてみましょう。


上手い人の導入文を真似しつつ、自分で書いてみることで、その人が「どういった意図で冒頭の文章を書いているか?」が見えてきます。真似して書いている内に、自然と導入文の型が身に付いてくるので、「理屈だけじゃ分からないよ…」という人は、実戦ベースで他人の真似から始めてみてください。最初はサル真似でも、少しづつ自分の血肉になってきます。そして、導入文を書くことに慣れてきたら、自分の型を見つけて書いてみましょう。


導入文で伝えるべきことがハッキリしている分、以前よりスラスラと導入文が書けるようになっているはずです。

最初は上手い人の真似から始めてみよう!

導入文をスラスラ書けると本文も書きやすくなる

また導入文をスラスラ書けるようになると、本文もスラスラ書けるようになります。なぜなら、本文に書くべき内容は、すべて導入文に詰まっているからです。導入文で伝えるべきことの話を思い出してください。


①問題の提起で、読者の抱えている悩みを掘り起こしました。


そして、基本的に本文で書くべき内容というのは、①で掘り下げた「読者の悩みを解決する方法」についての話です。せっかく、読者の悩みをハッキリさせたのに、別の話をしては意味がありませんよね。つまり、導入文をスラスラ書けるということは、本文で伝えるべきことが明確化している、ということです。逆にいうと、「導入文に何を書いていいか分からない…」という状態は、「本文に何を書いていいか分からない…」と言っているのと同じです。

Written by ichimaru
フリーランスのライターとして活動しながら、ブログやアフィリエイトをやっています。ライターを始めた頃は、文章を書くことが苦手でしたが、今では好きになりつつあります。

PICK UP NEWS