ライティング・翻訳

収入へとつながるライティングをスキルアップさせる方法

ライターとして安定した収入を得るためには、ライティングスキルをレベルアップすることが必要不可欠です。

しかし日本語力、文章力をあげるには工夫をする方法や、コツをつかまないとなかなかできるものではありません。

ですが、これらをつかんで努力を続ければ、ライターは誰でも挑戦できるものなのです。

収入へとつながるライティングをスキルアップさせる方法

スキルアップするために

ライティングをする上で大きな目的は、読者に読んでもらって「自分もこうしたい」と思ってもらうことです。

そのためには、読者の方に伝わりやすいような文章を書く必要があります。

また多くの人に読んでもらうためには、SEO対策が必要であり、普段から意識をしてライティングをすることで、大きなスキルアップへとつながります。

また幅広いジャンルに対して執筆をできる方が大きなスキルアップへつながります。

スキルアップするために

読みやすい文章

文章を書くことで大切なことは、読者のことを考え、読みやすい文章を作ることです。

たとえ良い内容のことが書かれていても、相手に伝わらなくては意味がありません。

また最後まで読んでくれないこともあるでしょう。

他にも分かる人が少ないような難しい言葉ばかりを使ってる文章も読みづらいです。

初めて読む人でもわかりやすいような文章を書くことが大切です。

読みやすい文章

SEO対策はしっかりと

執筆を依頼してくる会社はSEO対策を求めてくることも多いです。

Yahoo JAPAN や Google などの検索エンジンで上位に表示されることにより、読まれることが多くするように工夫する必要があります。

SEO対策ができると単価があがることがあり、より多くの案件をもらうこともできるのですが、実際にどうようにすればSEO対策になるのか分かっていないライターも多くいます。

キーワードの使い方や、タイトルの作り方などちょっとした工夫でSEO対策となるので、少しずつでも文章を書くときに意識をしていけば、大きなスキルアップへとつながるのです。

SEO対策はしっかりと

幅広い話題を知る

偏った話題しかないと、一定の内容の執筆しかできなくなります。

幅広いジャンルに対応することにより、 執筆の依頼が増えるのです。

色々なジャンルに対応しているクライアントも多く、文章が認められると他の内容を依頼してくることもあります。

最初は慣れた話題から書いておくとよいのですが、ジャンルによってはなかなか案件がないこともあります。

そこで色々なジャンルの案件を引き受けることにより、幅広く対応できるようにしておくと、大きな収入へとつながることがあります。


ライターの中には、執筆をしていくうちにだんだんと興味がわいてきて実際に始めたといった方もいらっしゃいます。

こういった方であれば、初心者向けの文章が書きやすくなります。

なぜなら自分が経験をしているからです。

幅広い話題を知る

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS