ライティング・翻訳

ライターを副業にするメリット

副業にもいろいろな種類があるのですが、ライターをするメリットはどこにあるのでしょうか。ライターならではのメリットをここではご紹介します。

ライターを副業にするメリット

副業には色々なものがあります。短時間でできるようなコンビニのレジや、肉体労働など色々な仕事があります。しかし本業以外に行うと、体力が必要で寝る時間を削らなければいけないことも多くあるでしょう。またスキルアップや経験を積んでも大きく収入が増えるものは多くありません。そこでライターであれば、パソコンだけあれば自宅でも作業をすることができ、空いた時間ですることができます。またスキルアップをすることにより、単価をあげたり、1つの案件にかかる時間が短くなるため収入へとつながるのです。また文章力がつくので、手紙を書くときなど実生活にもいかされることがあります。

スキルがあれば、月額100万円も可能

ライターの仕事はなくなることがなく、スキルアップをしておけば月額100万円を越すことも可能です。これは ライターのスキルによりランクアップが可能なためです。また同じ仕事でも短時間でこなせるになれば、より多くの仕事をすることができます。

スキルがあれば、月額100万円も可能

場所を選ばない

ライターの仕事は、パソコンだけあればできることがほとんどで時間や場所が決まっておりません。本職を終えてから夜ライティングをすることも出来ますし、気分転換にカフェなどにパソコンを持って行って執筆することもできます。そのためライターを始める前に準備するものはパソコンだけであり、余分な時間が必要とするわけでもありません。

場所を選ばない

自然とスキルアップになる

案件によって、書く内容やルールは異なってきますが、自分の言葉で相手にわかりやすいようにといった部分は共通して求められています。そのためこのスキルは書けば書くほど磨くことができるものであり、このスキルが高いとクライアントからも喜ばれます。また同じ内容の文章であっても、だんだんと慣れてくるのでかかる時間が短くなっていきます。執筆すればするほど、自分に返ってくるものを実感できる仕事といえるのです。

自然とスキルアップになる

仕事がなくなることはほぼない

ライターとして必要なスキルを身に着けておけば、ライティングの仕事がなくなることはありません。企業が宣伝するホームページやブログなどでコンテンツが重視されるようになりました。コンテンツの内容によって、検索エンジンでも上位にくるようになり、さらにその内容に同意した方がお客様へとつながることが多くなるのです。しかし優秀なライターはまだまだ不足しており、スキルを磨いていけば仕事がなくなることはないのです。逆に今後求められることが増えているのに、まだそのスキルに達していないライターが多いことから、頑張り次第では大きな収入へつなげるチャンスとなるのです。

仕事がなくなることはほぼない

Written by KUMA1
10年以上、法人営業を担当したあとフリーランスとして独立。
現在はホームページ作成やビジネス、マーケティング、ガジェットの紹介などを中心にWEBライターとして執筆活動中。
また海外留学経験を活かし、翻訳業務、英語での執筆業務も行っている。

PICK UP NEWS